TOP - 過去掲載記事 - 2012年12月08日号

12月08日号掲載記事
 
◆新幹線・まちづくり・産業振興など柱に - 飯山市新年度予算編成方針<飯山市>
 飯山市の足立市長は、先月26日開いた議員全員協議会で、平成25年度の予算編成方針を明らかにした。

 財政健全化指標は改善されているが、25・26年度には大型事業が予定され、今後順次借入残高が増える見通しにある同市財政。25年度当初予算は、足立市政3年目の予算編成で、市長公約でもある▽新幹線開業に向けての魅力あるまちづくり▽産業振興と雇用対策、定住施策▽飯山らしい教育と文化の香る地域づくり推進▽子育て支援や高齢者が安心して暮らせる地域づくり▽健全財政運営、人材育成、防災対策―を基本として、新幹線関連整備、新幹線開業を生かしたまちづくりに取り組むという。

 具体的には▽新幹線駅開業関連整備と、開業に向けたまちづくり(東口広場・都市施設整備、立体駐車場整備、飯山駅統合など。飯山城址公園整備、仮称・飯山ぷらざ建設、まち並整備・同支援など)▽産業振興(広域観光連携の推進、地域農業再生、地元産品を活用した土産品開発、食産業支援、スポーツツーリズムの推進)▽教育の充実(総合的な学力の向上・授業の改善、充実など)▽女性の感性を生かしたまちづくり推進(女性のまちづくりへの参画など)▽防災・減災のまちづくり(防災・減災地域づくりの拡充など)―の5項目を、重点的に推進する。

 このうち、新年度特に「女性の感性を生かしたまちづくり」として、食を中心とするサービス分野への支援を拡充する。新幹線開業までに、農家レストランも視野に入れた、地場産農産物などを活用した食の開発に向けて活動支援、情報発信・PRなどを推進する。
 
◆共・自・民・維4人の争い - 衆院選公示<岳北>
 衆院選は4日公示され、長野県第一選挙区では武田良介さん(33)=日本共産党新・党県委員=、小松裕さん(51)=自由民主党新・医師=、篠原孝さん(64)=民主党前・元農水副大臣=、宮沢隆仁さん(57)=日本維新の会新・医師=の4人が立候補を届け出た。

 東日本大震災からの復興、米軍基地問題、デフレ・円高からの脱却、少子高齢化に伴う地方の疲弊対策―など、喫緊の課題を積み残し、原発・消費増税・TPP―といった問題への対応を「踏み絵」にして論戦が交わされる。

 長野県第一選挙区では、公示間際に日本維新の会候補が急きょ立候補を表明し、共・自・民・維の4人による選挙となった。

 飯水岳北地域では、公示日までに共産党・自民党以外、組織だった動きは目立たず、実質的には共・自・民の争いの様相を呈している。

 候補がポスターで訴えるのは「若い力で、提案し行動します 放射能から子どもたちを守ろう」(武田良介さん)、「日本を元気に!地域再生のチームドクター」(小松裕さん)、「希望のもてる元気な日本を造ります」(篠原孝さん)、「今こそ、維新を。」(宮沢隆仁さん)―。

 TPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加への対応が党の政策で不鮮明化する中で、この地域にとって身近なのは消費増税への姿勢、経済再生策などか。実質的には共・自・民の争いに集約されるが、支持陣営の表立った動きはまだ不鮮明だ。
 
◆眠りへ - 北信濃風物詩<連載>
 2度の雪が来た。

1度は激しい降りでも、積もりはしなかった。

2度目。

北信濃路は1日白く覆われた。

その雪がほぼ消えて、大地は彩りを取り戻した。

が、季節は厳然たる冬。

紅葉したままの落ち葉が、苔むした石塊にすがり付いている。

それも程なくして、全て雪に覆い隠される。

春、雪解けのころ、紅葉たちは眠りから覚める。
 
◆バイオマス熱利用で足湯も - 北信州自然エネルギー学校<栄村>
 1日、栄村の北野天満温泉で、「北信州自然エネルギー学校」が開催された。

 自然エネルギー長野北信地域協議会が主催し、平成24年度「地域発 元気づくり支援金」を活用して行われたもので、ことし7月から全4回にわたって、身の回りにある自然エネルギーを、地域の子どもたちや保護者らと学んできた。

 同会は長野工業高等専門学校環境都市工学科の松岡保正さんを会長に、北信地域で自然エネルギー(再生可能エネルギー)の地産地消、持続的なエネルギー自給を目指して、地域住民有志、市民グループ、企業・団体、学校、行政機関などメンバーで活動している。

 最終回となった同日は、大人20人、子ども10人が参加し、バイオマス(生物由来の資源)エネルギーを活用した熱利用を学んだ。あいにくの雪模様であったが、子どもたちは、ペレット(おが屑やかんな屑など製材副産物を圧縮成型した小粒の固形燃料)を使うストーブや、チップを燃料とするボイラーを見学、沸かした湯で足湯=写真=を体験した。

 また、一斗缶を使ったロケットストーブ(ストーブの中に筒を入れて空気を吸い上げ、燃焼効率を高めるストーブ)作りを行った。身近な材料で作ることができるロケットストーブは煙をほとんど出さずに、燃焼効率も良いこと―などを学び、お湯を沸かしてココアで暖を取った。その後、修了式が行われ、松岡さんから修了証と参加賞が子どもたちに贈られた。栄小5年の山岸拓馬くんは「きょうが初めての参加だったけど、色々なことが体験できて楽しかった」と、感想を述べた。

 最後に、北野天満温泉の湧水を利用した小水力発電と、太陽光発電の電気を利用したイルミネーション点灯式が行われ、温泉施設がライトアップされた。当面の間、鮮やかな光の競演を楽しむことができるという。
 
 【その他のニュース】
■久保田議長・小林副議長に - 飯山市議会
【道しるべ】 - 負担引き受ける覚悟を
■適度の雪と冬産業の活況祈って - 飯笠山神社で冬期スキー場安全祈願祭
■飯山駅のブナ残して - 環境保全研公開セミナー
■市街地への案内役を - 仁王像整備事業竣工式
■安全で安心な年の瀬を - 年末特別警戒出発式
■常岩の里ながみねに感謝状 - 飯山線信濃平駅の清掃活動に
■信念と誇りを持って仕事に - 飯山商議所永年勤続従業員表彰
■経験しないことがもったいない - 飯山高校で岡さん招き進路講演会
■OBら講師に進路を考える - 飯山北高でキャリアガイダンス
■火あそびしません! - 栄村北信保育園で防火教室
■主役引き立たせて、育てて - みゆき野の風景画展表彰式
■ふるさと飯山想起して - みゆき会が今年も人気カレンダー作成
◇熊さんの身近な動物記 - ツキノワグマN
◇エミリーのわんっダフル犬生活 -208-
◇JA北信州みゆきだより -290-
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき
◇今週の市況(飯山中央市場提供)

TOP - 過去掲載記事 - 2012年12月08日号