TOP - 過去掲載記事 - 2012年12月01日号

12月01日号掲載記事
 
◆「日本一おいしい米の産地」実証して - 米・食味分析鑑定コンクール国際大会<木島平村>
 先月22・23の両日、木島平村で「第14回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」が開催され、北信地域の4人、3団体が金賞を受賞、「米どころ」を全国にアピールした。 国内・外のお米を一堂に集め、審査評価することで米の安全性や良食味を高めて、「良質な米作り」に日々精進する生産者・団体を支援するとともに、さらにこれを認めることを目的に行われているもの。

 米・食味鑑定士協会(鈴木秀之会長)、木島平村が主催したもので、大会始まって以来最多となる3915点の米の応募があった。開会式で鈴木会長は「過去最高の出品数で検査に時間がかかった。生産者は昨今の厳しい条件の中でがんばって米を育てている。この大会を通じて、米の安全・安心を知らしめていきたい」と話した。また芳川村長は「農業・農村を取り巻く状況は厳しく、後継者、遊休荒廃地、TPPなど問題も山積しているが、その中で米が正当に評価され、農家が自信と誇りをもって農業に取り組んでいけるようになるといい」と、話した。

 開会式後には、総合部門(国際)の官能審査(人間の感覚によって、製品の品質を判定する検査)が行われ、審査員が「色・ツヤ」「香り」「粘り」「食感」「食味」を確認しながら、並べられた出品米を食べる光景が見られた。また、名稲会の会員を講師に招いての講演会や、生産・流通・販売業者、行政関係者らが参加して、パネルディスカッション「はばたけ 日本のコメ未来」が行われた。

 今大会では同コンクールで、連続5回以上入賞し、総合部門で3回以上の金賞を受賞、さらにJAS及び無農薬・無化学肥料栽培のほ場を有する生産者に受賞資格のある「ダイヤモンド褒章」を、県内では初めて野沢温泉村の農事組合法人・野沢農産生産組合高橋義三さんが受賞し、受賞者のみが入会できる名稲会の会員となった。
 
◆古寺や古民家を映画館に - なべくら高原古民家映画祭<飯山市>
 先月23日から3日間、飯山市岡山柄山で、なべくら高原・古民家映画祭が開かれた。

 なべくら高原・森の家が主催したもので、ことしで2回目。日本の原風景が残るなべくらで、地域住民には自分たちの住んでいるところが、都会の人達にとっては憧れともなる場所であるということを知ってもらい、都会の人には集落や古民家の暮らしに触れ、住民との交流の中で、その温かみを感じて欲しい―と、森の家スタッフが企画し、ブナ寺再生プロジェクトで整備した、温井の大応寺や古民家を利用して行われた。

 3日間を通して市内外から、延べ約50人が参加して行われた映画祭。今回は里山の風景などにスポットを当て、4本の映画をスタッフが選び上映した。また、映画後には森の家で収穫した新米のおにぎりやきのこ汁、郷土食のおやきや笹ずしなどが参加者に振る舞われた。
 同映画祭の取り組みは今後も継続して行い、映画祭を通して、この地域を発信していきたいという。
 
◆冬本番 - 北信濃風物詩<連載>
 ついに雪がきた。

テレビのニュースでは、猛吹雪に襲われた北海道の様子が映し出され、背筋を寒くした。

大規模な停電で、避難した住民もいたという。

 27日、1日中雪が降り続いたが、市街地では積もるほどではなかった。

が、冬は本格的に始まった。

初雪の翌朝の冷え込み。

1度の雪で道祖神が存在感を増した。
 
◆普段からの防犯意識が - JA北信州みゆき出張所で防犯訓練<飯山市>
 歳末のこの時期、忙しさで防犯意識が薄れがちになることや、商業活動の活発化などで強盗事件が増加することから、先月26日、JA北信州みゆき木島出張所で、防犯訓練が実施された。飯山警察署の協力で市内の金融機関が、毎年実施しているもの。

 営業窓口が閉まる午後3時頃、覆面姿の2人の犯人役が拳銃を発砲しながら店内に押し入った。1人は近くにいた職員を人質にとり、もう1人がカウンター内に侵入して、職員に現金を要求。訓練とはいえ、犯人役の迫真の演技に職員は表情をこわばらせながらバッグに模擬紙幣を詰め、犯人役に渡した。この間約3分。現金を奪った犯人役が車で逃走すると、男性職員が一斉に後を追い、カラーボールを投げつけ、車のナンバーを確認した。

 訓練後の講評では「犯人は事前に下見に来る。その時にリスクが高いと感じれば犯人は諦める。普段からの防犯の取り組みが大切」などとアドバイスがあった。同出張所職員の池田光也さんは「想像していたより迫力があってびっくりした。普段から防犯意識をもって、犯人に入りづらいと思われるような店舗にしていけるといい」と、訓練の感想を述べた。
 
 【その他のニュース】
■雪解け・無農薬が… - 木島平小5年生ら芳川村長に金賞報告
【道しるべ】 - 伝えたいお伝馬の精神
■一人暮らしに隣近所の協力を - 栄村震災復興住宅が完成
■飯山線の役割に期待 - 飯山駅移設事業安全祈願祭
■耐震設計の虫生集会所が竣工 - 野沢温泉村
■農業賞は丸山さん、藤本さんに - 飯山市農のまつり
■7カ月ぶり通行止め解除 - 飯山斑尾新井線分道地積
■手押し車などにも反射材を - 飯山市大倉崎で死亡事故の現地診断
■巨樹の落葉に感動も - まんげつのやくそく絵本原画展
■野沢温泉を愛した文化人 - おぼろ月夜の館収蔵品展
■ボラでネット張り作業 - 飯山シャンツェでジャンプジュニア選手ら
■先生たちの演劇も - めぐみ保育園で保育園祭り
◇みんなのひろば
 ◇北信濃柳壇
 ◇北信濃俳壇
 ◇北信濃歌壇
 ◇つぶやき
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき
◇今週の市況(飯山中央市場提供)

TOP - 過去掲載記事 - 2012年12月01日号