TOP - 過去掲載記事 - 2012年10月20日号

10月20日号掲載記事
 
◆寄せ植え・コケ玉・ハンギング - いいやま花フェスタ開催<飯山市>
 13・14の両日、愛宕町の雁木通りをメーン会場に「第12回いいやま花フェスタ『寺町花街道』」が開催された。

 13日は午前中気温も低く、出足はもう一つだったが、翌14日は好天に恵まれ、大勢の来場者が、地区や団体、小・中学校や個人などが丹精込めて育てた力作の寄せ植えやコケ玉、ハンギングなどの作品を楽しみ、また、善光寺大本願雅楽や秋桜音楽祭では、その調べに聞き入った。詳細は特集記事で。
 
◆園児の手でフナの稚魚を千曲川に - 飯山ライオンズクラブ<飯山市>
 12日、飯山市中央橋上流の飯山カヌーポートで、飯山ライオンズクラブ(眞嶋勝秀会長)主催による、飯山地区の保育・幼稚園児を招いてのフナ稚魚の放流事業が行われた。

 同クラブの「青少年健全育成活動」の一環で、フナなど稚魚の放流はことしで7回目。市内のしろやま・あきは・めぐみ保育園、飯山中央幼稚園の児童・先生、保護者ら約100人が集まった。放流を前に眞嶋会長は「小さい魚なので、優しく扱って、大きくなるように願いを込めて放流してほしい」と、あいさつした。

 千曲川ではここ数年、
外来種のブラックバスやブルーギルなどが大繁殖し、在来種の生態系に影響を与えているという。そうした現状を憂慮し、かつての千曲川を取り戻すための一助になれば―と、高水漁業協同組合が仲介し、佐久から運んできたフナの稚魚約2000匹と、同クラブメンバーが育てた500匹のモロコが用意された。

 子どもたちは同漁協関係者やみゆき野青年会議所メンバーらのサポートで、小さなバケツに魚を入れてもらい、千曲川に放した。水際から流れにも入った子どもたちは、「大きくなってね」などと語りかけながら、稚魚たちの旅立ちを見送った。
 
◆秋の香 - 北信濃風物詩<連載>
 「この煙、香ばしいだねかい?」

「そうかい? えがらっぺだねかい」―。

今はもうあまり見られなくなった籾殻焼き。

籾殻を山に摘んで、てっぺんに煙突を立てる。

 収穫を終えて田仕舞いの煙が幾つも立ち上る。

焼いた籾殻は春先の消雪や土壌改良などに使われるが、「手間かかるんで、やらなくなったさな」。

秋の香を満喫させてもらった。
 
◆オール秋津B、県制覇 - 早起き野球選手権大会で<飯山市>
 第43回長野県早起き野球選手権大会は10月7・13日、岡谷市営球場などを会場に行われ、飯山市代表のオール秋津Bが優勝、飯山市早起き野球連盟創立以来の快挙を成し遂げた。

 県大会は、まず飯山市の早起き大会上位チームが、中高飯水ブロック大会に進み、ブロック大会上位3チームに入ったことから出場権を得た。

 オール秋津Bは大平剛志監督を中心に、19歳から39歳までの約30人が参加するチーム。社会人野球ということもあり、練習や試合も仕事で参加できない選手もいるなど、運営の厳しさは深刻だ。が、それでも3年前に同大会で準優勝したことから、以来「もう1回決勝の舞台に立とう」と、3年計画でチームの強化にあたってきたという。

 全県下から各地の代表32チームが参加した大会では、初戦で開催地チーム岡谷球友クラブに特別延長の末3対2と辛勝。続く2回戦も昨年3位の須坂市・オール西部に1対0と最少得点差の苦しい戦いが続いた。その中でも高い投手力、守備力を生かし、全試合で相手チームを2点以下に抑え、チャンスできっちり打線が応えて、決勝の駒ヶ根市・北斗との試合は5対2で勝利、念願の初優勝を遂げた。

 大平監督は「どの試合も強いチームが上がってくる中で、選手たちが力を出し切って戦ってくれた。シーズン当初は不安もあったが、目標であった優勝を成し遂げることができて、選手や支援してくれた皆さんには感謝している」と述べた。

 また、優勝の報告を受けた飯山市早起き野球連盟・高津日出夫会長は「強いチームなので何かやってくれるとは思っていたが、連盟創立以来の快挙を成し遂げてくれた。この地域の野球のレベルが上がってきていることを証明できたのではないか」と、優勝を称えた。

 オール秋津Bは今回優勝したことで、来年秋に北海道で行われる全日本早起き野球大会への出場権を得た。
 
 【その他のニュース】
■ふるさとの恵みをいただきます - 下高井農林高校・食の甲子園出場へ
【道しるべ】 - 勉強しない―の真意は
■冷房・地場産品の冷蔵に - 新エネルギー対策で温泉パークに
■江戸時代末期を復元 - 飯山市城山公園整備基本計画
■飯山市・教育長に長瀬さん/教育委員長に清水さん
■マグロも獅子舞も - 医療法人みゆき会のみゆき祭賑わい
■笑がおでごきげんだ - 飯山市本町カフェ空楽でながみね絵画教室作品展
■農ベースの仕事作り - 木島平農村文明塾
■他地域との差別化を - 農村版大学コンソーシアム報告会
■じいちゃんの挑戦も - 飯山市総合学習センターフェスティバル
■「自然と暮らし」子孫へ - 飯山市消費生活展
■豊井ツインズが優勝 - JA北信州みゆき元気カップ少年野球大会
■2012JVリーグ第10回大会結果
【花と和のおもてなし「いいやま花フェスタ〜寺町花街道〜」
■高雅な文化に感嘆も - 寺巡り寺宝展
■「地域の宝」まず住民が - 寺の町いいやま・寺めぐりハイキング
■狂言の魅力伝えて - 第32回県演劇祭】
◇創見塾かわら版 -37-
◇奥信濃今昔ばなし - 地蔵の恋G
◇北信濃歌壇
 ◇飯山市公民館短歌会九月詠草
 ◇白珠短歌会十月詠草
 ◇木島平村短歌会九月詠草
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき
◇今週の市況(飯山中央市場提供)

TOP - 過去掲載記事 - 2012年10月20日号