TOP - 過去掲載記事 - 2012年09月29日号

9月29日号掲載記事
 
◆命あるもの全てにとって永遠に安全の地となす - 昭和57年水害から30年<飯山市>
 6日、栄村で第6回目の震災復興計画策定委員会が開催され、最終案が島田村長に報告された。

 2月15日に第1回目の策定委員会が開催され、信州大学名誉教授の木村和弘さんを委員長に、各地区から公募で選ばれた村民や、ボランティア団体代表、村機関の代表などが委員を務め、話し合いを重ねてきた。昨年行われた集落懇談会やことし初めに行われた意向調査の結果などを反映させ、震災復興計画(案)が策定された。

 同日の、6回目の委員会では最終案の確認が行われ、出席委員全員が了承した。

 この栄村震災復興計画(案)は、平成22年度から31年度までを計画期間とする、総合振興計画の上位計画として位置付け、復興のための各種調査・事業を実施していく。

 計画は「震災をのりこえ、集落に子どもの元気な声が響く村を」を基本目標に、3つの前提▽安全環境の確保▽地域資源の積極的な活用▽集落ごとの特色ある復興―と、3つの基本方針▽暮らしの拠点・集落の復興・再生▽農業を軸に資源を活かした新たな産業振興▽災害に強い道路ネットワーク構築―の2本の柱で体系付けられている。

 木村委員長は「短い期間だったが、委員や村職員などの尽力で計画を作ることができた。が、できたからとホッとしてはいけない。今からがスタート。元通りにするにはかなりの労力が必要と思うが、一刻も早く良い村づくりができることを願っている」と話し、島田村長は「私も委員会に出席してきたが、改めてきょう、最終の計画案を委員長からいただいた。今後、村議会への説明・理解にも努め、復興に向けた取り組みを行っていきたい」と、復興への改めての決意を述べた。
 
◆軽トラ・産直メニューの野外結婚式 - なべくら高原・森の家で<飯山市>
 22日、飯山市のなべくら高原・森の家で、新郎・新婦と友人らによる手作りのアウトドアウェディング(野外結婚式)が行われた。

 式を挙げたのは、飯山市の滝沢篤史さんと弥生さん夫妻。篤史さんが森の家に事務局がある信越トレイルの臨時職員をしていることもあり、日ごろから大切にしている「自然を大切に。人との繋がりを大切に。無駄遣いを極力しないように」という気持ちを、結婚式で体現したい―と、森の家と友人に協力を求め実現したもの。ことし春先から準備を進め、何か必要なものは地域で買い、できることは自分たちの手作りで―と、取り組んできた。

 同日は秋晴れの下、アウトドアウェディングは行われ、約120人の出席者が新郎・新婦を待ちわびているところに、軽トラックに乗った滝沢さん夫妻が登場し、披露宴がスタート。ともに働きながらも農園をつくり、無農薬の野菜栽培と取り組んでいる2人。農園で収穫した野菜が出席者のテーブルに積まれ、全員で料理の下ごしらえを行い、用意された炭火にそれぞれで肉や野菜を焼くバーベーキューや、もいだばかりの枝豆がすぐに茹でられ、テーブルに並ぶ「産直メニュー」が振る舞われた。

 新郎の篤史さんは「協力してくれた森の家や友人スタッフ、地域の方に感謝している。結婚式に来てくれた方が飯山の良さに気づいてくれたり、メディアで見た方が、訪れたくなるきっかけの1つになればいいなと思っています」と話し、新婦の弥生さんは「これまでのご縁や、今回新たに出会ったご縁を大切にしていきたい」と、話した。
 
◆白い海 - 北信濃風物詩<連載>
 百花繚乱の春、濃緑の夏。

しばらくすると、錦織り成す秋。

が、北信濃路は今、初秋の花群れで彩られる。

幹線道路沿いのコスモスも、高社山を背景に連なるカンナも、そして、随所に広がるそば花の海。

 ひと降りの雨が来て、北信濃路に秋が訪れた。

晴れた日の陽光も柔らかになった。

災害さえなければ、しのぎやすい季節である。
 
◆80人「原発いらない」 - 飯山でなくそう原発のつどい<飯山市>
 毎週金曜日に首相官邸前で行われる「原発の再稼動をやめさせ、原発をなくす」国民行動に呼応し、21日、飯山市飯山本町のぶらり広場で「なくそう 原発のつどい」が開かれた。

 東日本大震災被災地の実状を正視し、原発廃止を含めた、住民本位の復興に連帯したい―と、今夏、講演会を開いて実質的に発足した「なくそう原発 飯水岳北の会」(小林則夫代表・農民蓮のほか個人参加43人)が主催したもので、関係者のほか一般市民ら約80人が参加した。

 「原発いらない」「原発はすぐなくせ」などと書かれたメッセージボードが掲げられる中で、小林代表は「原発の再稼動を許さず、原発をなくし、自然エネルギー中心の社会を求める国民行動が首相官邸前で行われている。これに呼応し、原発ゼロに向けた世論を喚起する継続的な行動を起こす時」とあいさつ。

 会場では「脱原発・自然エネルギー中心の社会を求める」全国署名も行われ、通りがかりの市民が、賛同の署名をする姿が見られた。「なくそう原発 飯水岳北の会」では、今後毎月第3金曜日に全国行動に呼応してアピール活動を行い、10月27日には柏崎・刈羽原子力発電所見学会&学習会を開くことにしている。
 
 【その他のニュース】
■さわやか婚活を応援 - ii活プロジェクト事業で飯山市
【道しるべ】 - 秋祭りツアー誘客は?
■道が繋ぐ交流ぷらざ - 自然エネルギー活用した空調システム
■復興に向け英気養って - 飯田市の建設会社、栄村青倉橋復旧縁に感謝祭
■こんなところからマツバボタンが…
■くよくよせずに腹半分 - 飯山市下境の齋藤さん、総理から100歳の祝い
■交通安全「緑十字銅章」5人に - 飯山警察署で伝達式
■多様な個性に思案顔も - 北信州ぼくちそば麺バトル
【第28回飯山市ジュニアクロスカントリー大会結果】
■敬老祝賀会・最高齢は103歳 - 老人ホーム千曲荘
■共催団体代表らで抽選会 - 北信州の幻の食材を当てようキャンペーン
■15の競技部がマレットゴルフで交流 - 飯山市体協まつり
■大天狗の炎の舞 - 飯山市奈良沢神社例祭
■3つの屋台揃いぶみ - 飯山市秋津の静間神社例祭
◇ハートフルライフ
 ◇ここに生きる - 87
 ◇歯なしにならない話 - 口から始めるアンチエイジング32
 ◇よそ者の目 しろうとの目 - 『着物(和服)』
 ◇障がい者のはたらく場は今…! - 障がい者の雇用を促進するために
 ◇なべくら高原四季便り - 水巡る
 ◇わが家の仲間たち
◇城下町いいやま再発見 -39-
◇エミリーのわんっダフル犬生活 -203-
◇猪突申恵(ちょっともうすかえ) -86-
◇JA北信州みゆきだより -285-
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき
◇今週の市況(飯山中央市場提供)

TOP - 過去掲載記事 - 2012年09月29日号