TOP - 過去掲載記事 - 2012年07月28日号

7月28日号掲載記事
 
◆両陛下、栄村の震災被災者をお見舞い - 長期のボランティア案じられ<栄村>
 天皇、皇后両陛下は19日、昨年3月12日未明の県北部地震で被災した栄村を訪問され、横倉の仮設住宅で入居者を見舞われた。

 両陛下の栄村訪問は、昨年12月に検討されたが、天皇陛下が入院されたことで延期された。今回、両陛下の強いご要望で、初めての栄村訪問が実現した。
 両陛下は同日、上越新幹線で新潟県から栄村に。村役場では出迎えた約300人の村民らに手を振られた。

 役場では島田村長から震災の被災状況、復旧・復興対策についてお聞きになり、その後、村長らとともにマイクロバスで横倉へ。車中では村長らから地震による地滑り崩壊地や、今冬の豪雪で折損した橋などの説明を受けた。

 震災から1年4カ月余。今も100人余が厳しい環境の中で暮らす横倉の仮設住宅。気温31度を超す暑さの中、両陛下は30分ほどかけて仮設住宅を訪ね歩かれ、入居住民に声をかけられた。

 島田村長は「暑い中、入居者1人ひとりに話しかけられ、ねぎらいのお言葉をかけられました。幼い子どもさんに、暑いから日陰に―と言われたお姿が印象的でした。中には温かいお言葉に、感激の涙を流す住民もいて、一同励ましていただきました」と話す。

 両陛下はその後、仮設住宅の集会施設で村内外のボランティアグループ代表、消防団長、管理者、村職員らと懇談。栄村復興支援機構「結い」代表の相沢博文さんの話では、両陛下から長期にわたるボランティア活動は、被災住民のニーズも変わってくることもあって、即応する難しさも生じるのではないか―という主旨のお尋ねがあった。そして、最後に栄村の1日も早い復興を励ますお言葉をいただいたという。
(写真=長野県提供)
 
◆塩の道の歴史にふれ、刈り払いも - 「富倉峠まつり」<飯山市>
 現在では国道292号線が主要幹線となっているが、かつて飯山と越後をむすんだ幹線道塩の道 『富倉峠道』を、その歴史に触れながら歩き、整備活動を行う「富倉峠まつり」が22日行われた=写真=。

 今年度から柳原公民館と飯山市公民館の共催となり、同日は、遠く東京都からも含めて約50人が参加した。

 地域にある歴史や自然を多くの市民に知ってもらい、地域に対する誇りや愛着を育て、発信していきたい―と、行われているもの。開会式で前澤政宏柳原公民館長は「ここから目的地までは1時間半くらいの行程となりますが、途中には当時の石垣や石像なども残っているので、説明を聞きながら元気に登りましょう」と、あいさつ。

 地元の郷土史家・北川幸弘さんを講師に、峠の途中にある句碑や馬頭観音、庚申塚前で説明を聞きながら、峠の頂上を目指した。到着した一行には特製のとん汁が振る舞われ、疲れを癒した。 

 また、古道の刈り払いも行われ、30人を超える地区住民が参加、古道やその周辺の雑草を刈り、倒木や落枝などを取り除いた。
 
◆夏将軍 - 北信濃風物詩<連載>
 ここにきての天気予報が当たらない―と、気象庁に苦情が相次いでいるという。

我々はかなり勝手で、自分に都合がいいか、悪いか―で、ものごとを評価してしまう。

ただ、天気が業績を左右してしまう仕事や商売は、切実だろう。

 少し早いひまわりの、きちんと皆同じ方向を向く光景に出会った。

夏将軍のお出ましだ。
 
◆「プールのお礼」交流会 - 栄小が岡山小を招待<飯山市・栄村>
 20日、栄村の栄小学校で、飯山市の岡山小学校との交流会が行われた。

 栄小は昨年、長野県北部地震で校舎やプールなどの施設が損壊した。そのため、水泳の授業に関して、飯山市の教育委員会に打診し、岡山小のプールを使用させてもらうことになり、昨夏はバスで岡山小に通い、水泳の授業を行っていた。

 先ごろ、栄小学校のプールの補修が終わり、1年ぶりに自校での水泳授業が再開された。武田教頭によると、今回、お世話になった岡山小の児童・先生に「お礼の手紙を出して終わり」ではなく、「何か直接お返しがしたい」と、子どもたちから声が上がり、岡山小の友だちを招待して交流会を行うことになった。これを受け岡山小全校児童14人と6人の先生が同日、栄小を訪れた。

 子どもたちは学年ごとに分かれて、水泳の授業=写真=や、木島小図書館司書の浦野先生によるオススメの本の紹介、読み聞かせなどを一緒に行った。

 また休み時間には、栄小の児童会が企画したスタンプラリー=写真=を行い、ヒントを頼りに、校内の色々なところに置かれたスタンプを、協力し合いながら探す姿が見られた。

 岡山小の原田千万校長は「昨年のプール交流の縁で、きょうは招待をいただいたが、お互い大規模な学校ではないので、今後もお隣同士仲良くやっていけるといい」と、話した。栄小3年の廣瀬岳琉君と上倉琉希君は「水泳の授業では、一緒にジュース拾いなどをして楽しかった。岡山小の友だちとも仲良くなれて良かった」と、感想を話した。
 
 【その他のニュース】
■エコ観光地アピール - 野沢温泉アリーナ温泉パーク
【道しるべ】 - ムラ支える共助の精神
■太陽エネルギーで発電ソーラーカーの試乗も - 栄村の自然エネルギー学校に集まろう!
■観光情報の共有化も - 北信州観光戦略会議・地域懇談会
■「教育に」塩尻の思い伝え - 飯山LC託された義援金栄村に
■「メッセージ」もっと - いいやま灯篭まつり実行委
■「夢に挑戦する」農業を - 長野県食と農業村振興審議会北信地区部会
■参加者の募集始まる - 10月28日開催戸狩とん平トレイルマラソン
■ふるさとの原風景を - 飯山地区公民館字町館でカカシ作り
■飯山駅工事は34%の進捗 - 北陸新幹線北信広域建設推進協会
■そのままのおもてなしで - しんきん飯山支店・信用会定期総会
■励ましの手紙なら自分にも - 飯山市社協「わくワク!!とうど塾」
■天然の涼プレゼント - 野沢温泉旅館組合・長野駅前に雪を運び観光PR
■高齢者事故防止など重点に - 夏の交通安全やまびこ運動
■初夏の高原に奏でる大正琴 - 斑尾でハーモニーコンサート
■野沢温泉フォトコンテスト募集開始
■中高生ボランティアが支えて - いいやま児童館まつり
【200回記念わんっダフル犬生活】
◇北信濃イベント情報〜8月〜
◇城下町いいやま再発見 -37-
◇猪突申恵(ちょっともうすかえ) - 富倉峠まつり登山隊、初参加
◇JA北信州みゆきだより -281-
◇ハートフルライフ
 ◇ここに生きる -85-
 ◇歯なしにならない話 - 口から始めるアンチエイジング-30-
 ◇障がい者のはたらく場は今…! - 働くことの財産」
 ◇なべくら高原四季便り
 ◇よそ者の目 しろうとの目 - CAP
 ◇北信濃ふるさと本
 ◇わが家の仲間たち
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2012年07月28日号