TOP - 過去掲載記事 - 2012年02月11日号

2月11日号掲載記事
 
◆農業再生協議会が発足 - 米・戦略作物・担い手・農地に重点対応<飯山市>
 飯山市・足立市長の選挙公約「農業振興」の1策として、農業者戸別所得補償制度の推進に向けた農業者団体などの連携体制の構築、戦略作物の生産振興や米の需給調整、地域農業の振興などを目的として6日、飯山市農業再生協議会が発足した。

 市、JA北信州みゆき、市農業委員会、地区区長会、地区農家組合代表らのほか大規模経営農業者、集荷業者などが参加。同日の初会合で足立市長は「高齢化などで進む地域農業の衰退は、他の産業にも影響を与えている。農業に関連する各組織を統合し、担い手の育成などと取り組みたい。新年度はJAなどと連携し、農業振興を図ることを重点施策の1つに掲げる。国の制度を活用し、関係機関・団体が一体となることだ」と、あいさつ。

 初会合では冒頭、市農業経営改善支援センターとの統合について審議し、議決した。それまでの水田農業推進協議会が昨年6月、市農業再生協議会に名称を変え、今回、市農業経営改善支援センターが統合し、市農業再生協議会として、再スタートしたもの。

 協議会は▽農業者戸別所得補償制度の推進▽集落営農の法人化支援▽対象作物の生産数量目標の設定▽農地の利用集積の推進▽耕作放棄地の再生利用推進▽担い手の育成・確保の推進▽収入減少影響緩和対策に係る農業者の積立金管理―などを、事業に掲げ、「米・戦略作物」「担い手・農地」の、2つの部会を置く。
 
◆3市村に災害救助法 - 独居高齢者などの除・排雪支援<岳北>
 災害救助法が3日、飯山市・野沢温泉村に適用された。北信濃地方では先に栄村が適用されており、いずれも今月1日から発効している。

 18豪雪以来といわれる豪雪で、北信濃地方では除雪・屋根雪などによる死傷事故が発生。今後、さらなる被害の拡大も想定されることから、人命を守り、生活の安定確保に万全を期すため、県が適用を決めた。高齢者や障害者ら自力除雪が困難な人を対象に、市町村が行う雪下ろし、除・排雪に要する費用を、国と県が負担する。

 今回、新たに災害救助法が適用された飯山市。今月3日時点での、今冬最深積雪は羽広山で423a、飯山(地域気象観測所)で242aを記録した。18豪雪では、2月5日の積雪量が飯山で256aとなっており、今冬はこれに匹敵する豪雪であることがわかる。

 同市ではこれまでに除雪作業、屋根からの落雪などで3人が死亡。岡山・常盤・外様などで車庫や空き家、住家の壁が倒壊、損壊した。岡山小学校では、体育館屋根からの落雪で2階部分のガラスが破損、非常口の扉が壊れた。また、先月31日から今月3日にかけて、太田・常盤・岡山の1部で停電も起きた。

 災害救助法の適用に伴って同市では▽雪捨て場の確保(戸狩工場団地内。新幹線飯山駅建設地前の空き地=2d車以下に限定)▽弱者への雪下ろし支援▽空き家などの危険個所調査▽道路・通学路の安全確保▽ボランティアセンター設置―など対応する。

 このうち、弱者への雪下ろし支援では、雪害救助員派遣事業で、256世帯(2日時点)を対象に、雪害救助員・区が行う雪下ろし、雪片付けに対して、スノーダンプ・スコップによる作業に1時間2000円(うち受益者負担400円)、除雪機による作業に1時間3000円(同600円)を支払う。また、市単独の弱者世帯除排雪対策事業を新規設置し、雪害救助員派遣事業対象世帯に準じる世帯で、住宅が倒壊する危険のある世帯のうち、区長・民生委員が協議し、認める世帯を対象に、経費の1部を支援する。
 
◆立春? - 北信濃風物詩<連載>
 豪雪。とにかく大雪である。

「あそこいてえ、疲れたなんて、あんましせうなさ」と、友人に忠告を受けた。

少し反省している。

疲れても、除雪の手を休めることが出来ない人たちがいる。

 それにしても、何でも機械化の時代。

屋根の上に除雪機。

考えたものだ。

今週はまた寒波が来て大雪だという。

また、やりますか?
 
◆飯山高校女子総合優勝 - インターハイ・母校で優勝報告会<飯山市>
 1月30日から2月3日まで山形県蔵王で開かれていた第61回全国高等学校スキー大会で、飯山高校が2年ぶりに女子総合優勝を飾り、6日、同校で優勝報告会が行われた。

 今大会では、アルペンの回転・大回転、クロスカントリーのフリー・クラシカル・リレーの各種目で、優勝こそなかったものの、参加校の中で唯一全種目で得点を上げ、2位の十日町高校に大差をつけて女子総合優勝を決めた。

 優勝報告会では、在校生が拍手で迎える中、優勝杯などを手に選手団が入場。鈴木校長は「5種目全てで得点をあげているのは本校だけで、それは層の厚さを物語るもの。全校生徒300数十人の小さな学校が、全国の頂点に立ったという、スキー部の挑戦を誇りに思う」と、優勝を称えた。

 滝沢こずえさんは「うれしい気持ちもあるが、悔しい気持ちも残っているので、来年、再来年に活かしていきたい。応援ありがとうございました」と職員、在校生に謝辞を述べた。
 
 【その他のニュース】
■「除排雪経費の補助」など決議 - 県特豪市町村議会協議会総会
【道しるべ】 - 雪の晴れ間の雪国賛歌
■雪像ストリートの中止も - いいやま雪まつり
■きのこ型かまくら - 信濃平かまくら祭り
■香港で木島平米PR - 試食米に即問い合わせが
■おさい銭を義援金に - 飯山市西大滝区のお地蔵さん
■除・排雪の支援の手続々と - 雪掘りとうど塾・ボラセン
■初めて聞く「スノーダンプ」 - 大学生が木島平村糠千で雪かき交流
■新名物の「おやき汁」も - 木島平スキー場感謝祭
■ひな飾りやイベントが - 11日から飯山城下町ひな街道
■ボラで守る暮らしの道 - 岡山地区の斎藤さん・鷲尾さん
■一万人目は大学生3人組 - 野沢温泉麻釜温泉公園ふるさとの湯で
◇エミリーのわんっダフル犬生活 -189-
◇JA北信州みゆきだより -270-
◇熊さんの身近な動物記 - ツキノワグマ物語E
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2012年02月11日号