TOP - 過去掲載記事 - 2011年07月02日号

7月2日号掲載記事
 
◆パワー半導体生産で地元雇用拡大 - 富士電機パワーセミコンダクタ<飯山市>
 飯山市の足立市長は、先に開かれた議員全員協議会で、同市木島の木島工業団地にある「富士電機パワーセミコンダクタ梶v飯山工場から、生産機種の変遷に伴って、新規・外部合わせて55人を採用する―との説明があったことを明らかにした。

 同社が飯山市に説明した事業計画では、電力をよく制御する機能をもつパワー半導体で、風力・太陽エネルギー発電装置などに必須なハイパワーモジュールを生産するのに必要な技術、人材、スペースが、飯山工場にある―との判断から、7月にも飯山工場で生産ラインを稼動し、今秋には生産体制を増強する。

 同社ではこれに伴って、今年度、従業員を165人から250人に増員する。増員分は新規・外部採用55人、社内応援30人。外部採用は派遣も含むが、新規・外部採用者の約7割は、飯山市を中心とする地元。同社では今後、地元の高校などに理解を求め、定期採用を行うことを検討している。

 同社では既に生産ラインの建屋などを建設、設備を含めて約11億円を投資。ハイパワーモジュールの生産は7月から始まり、月産2万台の生産を目指す。同工場の年間売り上げ目標は今年度72億円で、前年度比増の21億円は新機種生産によるものという。

 同社のこうした事業計画に、足立市長は「既存企業の事業拡張による雇用の拡大は、以前からお願いしてきたもので、大変うれしい。地域課題の1つ、雇用の場の確保に成果が得られる。全面的に協力、支援申し上げたい」と述べた。

 市では関係課を網羅する雇用対策プロジェクトチームを立ち上げ、機械リースなどへの財政的支援や、従業員の住宅確保、駐車場確保などに対応する。
 
◆水中鬼ごっこなどに歓声あげて - 栄小と岡山小が合同水泳授業<飯山市>
 栄村・栄小学校(大日方秀康校長)のプールが、先の地震で使えなくなったことから、栄村と飯山市の教育委員会が連携、協力し、飯山市岡山小学校(清水啓治校長)のプールを今季提供することになり、最初の水泳授業が、先月28日、岡山小で行われた。

 同日は栄小の2・3年生28人がバスで同校を訪れた。授業を前に、清水校長は「不便なこともあると思いますが、水泳の授業を楽しんでほしいと思います。岡山小は全校児童が14人と少ないので、皆さんが来てくれて、とてもうれしい。水泳の授業を通して仲良くしていけるといいですね」と話した。その後、岡山小の3・4年生6人と一緒に、今季最初の水泳授業を行った。

 同日は朝から蒸し暑く、気温も30度を超える陽気。子どもたちは両校入り混じって、鬼ごっこなどを行い、歓声をあげていた。

 栄小は今後、2学年単位で、多い日は午前・午後の2回、岡山小を訪れ、水泳の授業を行っていくという。
 
◆七変化 - 北信濃風物詩<連載>
 梅雨どきの花、というと、「紫陽花」という答えが返ってくる。

雨に濡れて咲く花の風情が、日本人好みなのだろう。

近年、サクラとともに、植栽が進む花の1つである。

だから、紫陽花の道、とか、紫陽花パークとかが各地に見られるようになった。

飯山城址公園の一画。

石垣を背に、花が咲き出した。

七変化の移ろいが楽しめるか。
 
◆常盤少年消防が伝統の操法 - 消防団ポンプ操法・ラッパ吹奏大会<飯山市>
 飯山市消防団の平成23年度消防ポンプ操法・ラッパ吹奏大会は先月26日、長峰スポーツ公園駐車場で行われた。

 団員の日ごろの訓練成果を発表するとともに、技術向上、士気高揚を図るのが主旨。ことしはポンプ操法ポンプ車・小型ポンプ、ラッパ吹奏の部に各9チームが出場した。

 ことしはまた、創設30周年を迎えた「常盤少年消防クラブ」が、小型ポンプの操法を披露、賞賛と激励の拍手を浴びた。

 ポンプ操法大会は、ポンプ車・小型ポンプ操法の適確さ、迅速さ、規律などを競うもので、各分団とも春先から寧日ない練習に取り組んできた。ポンプ車では第6分団が優勝、2位・第4分団、3位・第7分団。小型ポンプでは第1分団が優勝し、2位・第7、3位・第3分団。ラッパ吹奏は優勝・第2、2位・第7、3位・第9分団となった。ラッパロングトーンは、第7分団の青木真紀さんが優勝した。

 今大会では、昭和56年に創設され、「特に優秀な少年消防クラブ」として、全国表彰されたこともある常盤少年消防クラブ(16人)が、創設30周年を記念して、小型ポンプ操法を披露した。

 サイレンを鳴らした消防車で登場した団員は、先輩で、指導を受けている第7分団員の声援を受け、日ごろの練習の成果を、迅速で適確な放水で披露し、家族を含めたギャラリーの喝采を浴びた。
 
 【その他のニュース】
■許可更新に特別措置 - 飯山堆肥センターへの対応に係る県の説明会
【道しるべ】 - 当たり前の暮らしの再考
■「こんなに食べたよ」と大よろこび - JA中野市が栄村の園児をサクランボ狩りに招待
■当初予算額の3倍に - 栄村補正予算
■大自然の感動持ち帰って! - 木島平村カヤの平で安全祈願祭
■雪国飯山の将来展望を - 飯山市スキー100周年記念事業
■自然エネルギーでリフトを - 野沢温泉村・新エネルギービジョン策定へ
■岳北消防本部が感謝状 - 野沢温泉村健命寺大谷住職に
■環境の大切さを学んで - 中部電力「緑を増やそう」キャンペーン
■がんばる姿間近に見て - 岡山小としらかば保育園の合同運動会
■映画から10年節目に - 阿弥陀堂と現風景の里の保全を支援する会
■ホテルシェフの給食 - 栄村の栄小学校にOGがプレゼント
■アサガオさかせるかい? - 仮設住宅に緑のカーテン
■官民一体で将来のビジョンを - 飯山未来夢づくり会議
■被災地へ歌声のエール - 泉台小学校音楽会
■それ、「流し尻」かも? - 飯山市北町で遺跡見学会
■行政を動かす住民の思い - 被災地から栄村の復興考える会
■看護士ら放水体験も - 飯山日赤で春季消防訓練
■飯山市の下水道終末処理場汚泥からまた放射能性物質
■母の味が冷凍食品の味に - 木島平村で女性地区づくり委員研修会
■雨で屋内競技に熱気 - 北信障害者スポーツ大会
■子どもたちに安らかな睡眠を - 飯山赤十字奉仕団飯山分団が奉仕活動
■除雪ブルなども登場 - いいやま雪まつり・ポスター展示、投票も
■囲碁普及活動に功績 - 日本棋院飯山支部の深堀さんと関谷さん表彰
【第93回高等学校野球選手権大会長野県大会特集】
◇みんなのひろば
 ◇北信濃柳壇
 ◇北信濃歌壇
 ◇北信濃俳壇
 ◇つぶやき
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇第67回飯山市早起き野球順位表
◇伝言板
◇らくがき
◇飯山中央市場提供「今週の地場産物市況」

TOP - 過去掲載記事 - 2011年07月02日号