TOP - 過去掲載記事 - 2011年03月19日号

3月19日号掲載記事
 
◆自ら守った尊い命・栄村で巨大地震 - 避難生活いつまで…<栄村>
 12日午前3時59分、新潟中越・信越県境付近を震源とするマグニチュード6・6の大きな地震が発生した。
 震度は栄村で「6強」、野沢温泉村で「5弱」、飯山市・木島平村で「4」。先年の中越・中越沖地震を上回る巨大地震だったが、人命が失われる最悪の事態は免れた。


〔栄村〕
 今回の地震で、大きな被害が出たのは栄村。JR飯山線は横倉〜森宮野原間で路床の土砂が崩落し、線路が宙吊りに。また、除雪車が森宮野原駅構内で脱線するなどして、戸狩温泉〜越後川口間で運休した。村の大動脈、国道117号線は栄大橋で道路に大きな段差が生じ、各所に亀裂、小規模な土砂崩れや雪崩が確認され、国道と横倉・千曲川右岸地区を結ぶ県道箕作〜飯山線のスノーシェドが崩れた。

 家屋・施設では住家14棟が全・半壊し、青倉公民館が倒壊。東部小学校では、体育館の天井が全て落下した。

 村では午前11時に避難指示を出し、同日は秋山地区を除く1740人が北信・東部小学校、村役場、北野天満温泉―など7施設に避難した。

 また、道路の損壊、危険などで1時孤立した小滝・坪野などの242世帯・566人は、京都府警などのヘリコプターによって救出された。国・県は同日午後5時、栄村の震災に災害救助法の適用を決めた。


〔飯山市〕
 揺れの大きかった市北部、岡山地区を中心に断水、停電、道路損壊、落雪、家具や商品の倒壊、落下などが相次いだ。また、JR飯山線桑名川駅ホームの1部が陥没、旧国道に架かる境川橋・野々海川橋に段差が生じ、道路との連結部分の土砂が崩落、道路にクラックが入る、危険な状態となった。
 同地区では午前5時過ぎから1部で停電、藤沢・桑名川で断水した。岡山小学校体育館の壁が1部剥落した。

 岡山地区では7つの区に対して、区長会長名による避難指示を出し、90人が近くの指定施設に避難した。昨年実施した自主防災訓練要項に基づくもので、154食の炊き出しも行った。停電は即日解消され、断水も翌日中には解消された。


〔野沢温泉村〕
 地震発生と同時に真湯・寺湯・大湯の1部が停電した。大湯の旅館では、宿泊客を1階ロビーに誘導し、保温対策などを講じて夜明けを待った。野沢温泉スキー場のレストハウスやまびこでは、厨房の天井が落ち、格納庫内のゴンドラが脱索したことなどから、スキー場の営業を休止した。
 七ケ巻のお年寄りが、倒れてきた戸で腰を打ち、病院に搬送されたが軽傷。東大滝・明石では水道水が濁り、下水処理に支障が出た。給水車が出動し、仮設トイレが設置された。明石の水道は16日現在完全復旧していない。

 
◆震度計のデータ送信されず - 発表されなかった震度情報<飯山市>
 「どうして飯山の震度が出ないの?」「栄村の隣なのに、地震来ていないの?」。今回の、栄村大地震に際して、飯山市の震度だけがテレビのテロップに流れなかったことに、問い合わせやクレームが、市役所などに相次いだ。

 同市には独立行政法人・防災科学技術研究所(茨城県)が設置した震度計がある。震度計のデータは、そのまま長野地方気象台などに送られるシステムだが、今回、データは送信されなかった。

 設置主体の同研究所では、そのことをことし2月時点で知り、修復に当たっていたというが、市も含めて「後手の対応」感は免れない。

 今回、同市の要請を受けて記録の伝送は不安定―としながら、14日から震度の公表を再開した。14日からの震度公表も不規則だが、公表に関しては気象庁や放送局などの独自の基準もあり、全て公表されるわけではない―という。

 今回、飯山市の震度がずっと出なかったことに、同市出身者や、同市に親戚や知り合いらがいる人たちから、市などに多くの問い合わせやクレームが寄せられていた。「緊急時には電話も通じず、テレビのテロップに流れる震度情報が、様子をうかがう唯一の手段」という声は、本社にもあった。
 
◆約900本のワクチンに - 雪まつりで回収のキャップ、社協に<飯山市>
 先月開催された「第29回いいやま雪まつり」(清水俊一実行委員長)で、エコへの取り組みとして、集められたペットボトルのキャップが、このほど飯山市社会福祉協議会へ寄贈された。

 集まったキャップはおよそ7万個。同社会福祉協議会から回収団体の認定NPO法人JCV(世界の子どもにワクチンを日本委員会)のリサイクル協力業者に引き取られる。

 キャップは1`当たり10円で引き取られ、ワクチンは1本当たり20円という。個数に換算するとワクチン1本=キャップ約800個となり、今回寄贈分でおよそ900本弱ほどになるという。ワクチンはミャンマー、ブータン、ラオス等の東南アジア諸国の子どもたちに供給される。
 
 【その他のニュース】
【長野県北部地震・栄村】
 ■激甚被害の青倉・協働の避難所
 ■子どもたちの安否尋ね続けて
 ■手繋ぎ、子どもたちに笑顔を
 ■飯山市消防団が支援活動
 ■励ましの支援物資 飯山市でタオル3200枚
 ■4日ぶりの入浴は温泉
 ■栄村・義援金受け付け始まる
 ■飯山市・きのこ栽培農家に打撃
【道しるべ】 - 子どもたちに笑顔を
■新たな農業ビジネスを - 木島平村で食博覧会
■菜の花大橋つながる - 北陸新幹線第5千曲川橋梁
■世界を学び実のある交流を - 飯山城北・城南中生中国へ
■イベント自粛相次ぐ - 東北関東大地震・長野県北部地震で
◇北信濃歌壇
 ◇飯山市公民館短歌会2月詠草
 ◇白珠短歌会3月詠草
 ◇木島平村短歌会詠草
◇奥信濃今昔ばなし - 両杖の笛-23-
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2011年03月19日号