TOP - 過去掲載記事 - 2010年10月30日号

10月30日号掲載記事
 
◆19派が書類持ち帰り - 飯山市議選事前説明会<飯山市>
 11月14日の告示をほぼ3週間後に控えた22日、飯山市選挙管理委員会は立候補予定者事前説明会を開いた。本紙既報の通り、現職13人、新人4人の合わせて17の陣営と、候補予定者名不明の1派が出席、同日夕刻になってさらに1派関係者が候補予定者名を明かさず、関係書類を持ち帰った。

 これまでのところでは、議員定数(16)を1超過する17人が立候補の意思を表明、選挙戦となることが確定的な情勢となっている。このほか、常盤の一部地区では、候補擁立を期し、あるいは出馬に向けて、情勢を探るなど動きが見られる。

 北陸新幹線飯山駅開業まで4年間の、飯山市政の針路を占う今回市議選。人口減少の歯止めから定住人口増加に向けた産業振興・雇用確保対策を最大の政策課題として、具体的な政策論議が期待される。全体的に先の市長選の影響が随所に見られ、これまでの支持構造に大きな変化も出ている今回市議選。今週初め時点では、立候補届出に必要な関係書類を持ち帰った19派が、緩急の差はあってもそれぞれの動きを見せるが、これを含めてなお情勢は流動的で、候補予定者の確定には到っていない。
 
◆人・地域・里山を心でつなぐ - 戸狩温泉とん平トレイル駅伝<飯山市>
 記録よりも『人』『地域』『里山』を心でつなぎ、安全に楽しむことを第一に、民宿街、畔道、里山を巡りながら、住民とふれあい、ふるさとの原風景を満喫してほしい―と、戸狩温泉スキー場周辺をコースに「戸狩温泉とん平トレイル駅伝」が24日、開催された。

 同駅伝実行委員会(庚敏久実行委員長)が主催したもので、駅伝の部(約19・1`/9チーム)、親子の部(約7`/1組)、個人の部(約15`/10人)の3部門でレースが行われた。

 のんびりと、コースやその周辺の風景、地域のことを知ってもらいたい―と、普通のレース形式ではなく、コースにはチェックポイントが設けられ、この地域に関する文化・自然などに関する問題を解きながらゴールを目指す方式。誤答数によってゴールタイムにペナルティーが加算された。エイドステーションには、実行委員会が飯山の秋の味覚を味わってもらいたいと、新米のおにぎり、キノコ汁が用意され、参加者に好評だった。また、参加者と地域住民が交流を図れるように、太田の文化祭を同じ会場に設定した。

 レース後には、募集していた大会キャラクターにフクロウをモチーフにした「ふくとん」が決まり、来年以降も大会を継続していく意欲が語られた。
 
田 煙 - 北信濃風物詩<連載>
 この秋一番の寒波が来て、遠山といわず、里山までもが初雪に覆われた。

今夏の酷暑といい、例年より早い初雪といい、何ともギャップが大きすぎる気候に翻弄される。

 穫り入れの終わった、それこそシャバ中の田から煙が立ち昇り、霞のように広がって、いつもの秋。

田畑に冬はまだ早過ぎる。

もうしばらくの時を下さい。
  
◆思いやりと温もりを - 差別のない明るい飯山市を築く市民大会<飯山市>
「人権尊重のやさしいまちづくり 思いやりと温もりの地域づくりをめざして」をテーマに、第38回差別のない明るい飯山市を築く市民大会が23日、飯山市民会館で開催された。

 同市は平成9年に「差別のない明るい飯山市を築く条例」を制定。同和問題を始め、あらゆる人権問題についての意識を高め、行政と市民が一体となって人権尊重の飯山市を築くことを目標に掲げた。平成12年には「飯山市差別撤廃と人権擁護推進本部」が設置され、また、人権尊重社会の早期実現に向けて、平成14年に「飯山市人権教育・啓発に関する基本計画」が策定された。  同大会は、市民が人権問題を自分自身の問題として受け止め、人権尊重の意識と人権感覚を向上させ、日常生活の中で自ら実践に結び付けていく契機に―と、毎年行われているもの。

 380人ほどの市民が参加して行われた大会で、大会長の足立正則市長があいさつし「大切なことは、家庭・地域・学校・職場などあらゆるところで、人が人として尊重され、お互いが支え合い、信頼し合い、心豊かな生活が送れる社会づくりをすること」と述べた。

 その後、アトラクションとして五束の太々神楽の舞いや、山ア浩さん、沼田秀美さんによる演奏のほか、自立生活サポートセンター「もやい」事務局長の湯浅誠さんが「格差社会がもたらす貧困と人権問題」をテーマに講演を行った。
 
 【その他のニュース】
■隣接地住民の暮らしに配慮を - 飯山2次統合高校建設計画で説明会
■空き缶回収で花栽培 - 飯山市泉台小が循環型社会形成で知事賞
【道しるべ】 - 鳥獣被害に地域の痛み
■「20年」で最後の植樹祭 - いいやま記念の森植樹事業
■トレイルで森林再生 - 戸狩温泉で生物多様性シンポジウム
■いのちより大切なものが - 星野富弘の詩画展開幕
■「万引き」に自制心喚起 - 飯水岳北万引き防止対策協議会
■伝統芸術の創作品も - 斑尾高原げーじゅつ祭・斑尾国際音楽祭
■子どもたちが学んで作った米販売 - 木島平村村民祭
■文化祭・ロードレース大会・収穫祭 - 野沢温泉村総合文化祭
■本社賞は長谷川さんに - みゆき野の風景画展
■県法人連合会青年部連絡協・信濃中野法人会青年部合同例会
■よく来てくれました - のぞみの郷高社で馬鈴交流
■県ナンバー1争って - 飯山市で県知事杯グランドチャンピオンマレットゴルフ大会
■最後の草野球試合を - みゆき野荘年野球団呼びかけ
◇城下町いいやま再発見 -17-
◇猪突申恵(ちょっともうすかえ) - 寛容について
◇エミリーのわんっダフル犬生活 - 158
◇JA北信州みゆきだより -239-
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇今週の地場産物市況(飯山市中央市場提供)
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2010年10月30日号