TOP - 過去掲載記事 - 2010年08月07日号

8月7日号掲載記事
 
◆「優待パスポート」で子育てを支援 - 買い物に割引など特典<野沢温泉村>
 野沢温泉村は「ながの子ども・子育て応援県民会議」と連携・協働し、子育て家庭が買い物などの際に、カードを提示すれば割引などのサービスが受けられる「ながの子育て家庭優待パスポート」事業を、1日からスタートさせた。

 近年、定住促進対策の一環として、また、地域商店街振興策にも結び付けてクローズアップされる「子育て支援」。野沢温泉村では村内の18歳未満(18歳に達する年度の3月末まで)の子どもがいる家庭(331世帯)を対象に「パスポートカード」を発行する。

 このカードを、協賛店で買い物の際に提示すれば、割引などのサービスが受けられる。カードには子どもとその家族の名前が記載され、記名者以外は使えないが、居住する市町村以外の協賛店舗でも利用できる。

 同村では1日現在で、レストラン・食堂、旅館・民宿、スポーツ用具・土産物・食料品販売店、そして、野沢温泉スキー場など10カ所が「協賛店」に登録している。サービス内容は▽商品プレゼント▽ドリンクなどのサービス▽料金割引―など。協賛店・サービス内容は随時更新されており、最新の情報は「ながの子ども・子育て応援県民会議」ホームページで確認する。

 パスポート事業は、これまでに長野・上田市など19市町村で実施され、今回、野沢温泉村・松本市などを加えて23市町村が参加。さらに来年3月末までには小諸・駒ヶ根・茅野市など14市町村が順次参加する予定という。北信濃地方では、野沢温泉村が最初の参加となる。

 パスポートは、運転免許証並みサイズで、平成26年3月31日まで使用できる。協賛店にはサービス内容が記された協賛ステッカー、ポスターが掲示されている。
 
◆「きらめく農村」発売へ - 北信州木島平産名水サイダー<木島平村>
 木島平村農業振興公社はこのほど、環境省「平成の名水」に選ばれた内山・龍興寺清水を使ったオリジナルサイダー「きらめく農村」の販売を始めた。

 同公社では龍興寺清水を使い、静岡県内の飲料メーカーに製造を委託し、本格的な商品化を進めてきた。

 「農村文明」の創生を唱え、農山村で暮らしを営むことへの誇りを生み出そうとする同村が、全国184の村の先頭に立って輝きたい―との思いから、商品名を「きらめく農村」とした。

 ラベルでは村民の村活性化に賭ける熱情を赤で、豊かな自然・農産物を緑で、名水を青で表現した=写真=。

 北信州木島平産名水サイダー「きらめく農村」は240_g入り丸ビン。100_g当たりのカロリーは33_c、糖度8度以内。甘味を抑えたスッキリした飲み口で、清涼感が漂う。通常小売価格1本200円で販売する。今年度12本入りカートンで1660ケースを製造した。

 既に農産物直売所、飲食店などで販売されており、猛暑の天候下、飲み口の爽やかさが好評で、「ハイボールにもいける」と、反響が広がっているという。問い合わせは木島平村農業振興公社(tel 0269・82・4410)まで。
 
◆水しぶき - 北信濃風物詩<連載>
 「ワーッ」「キャーッ」と、とにかく元気。

カメラを向けるとその前に群がり、無視すると水をかけてくる。

そこで思わず苦笑い。

「先生の言うこと聞けさ」と言うが、かわいいものである。

 猛暑の1日、保育園の屋上プールからの歓声を聞きつけて訪ねた。

幼いクラスの水遊び。

大きなプールでは水しぶきが立つ。

しかし、暑い。
  
◆ブナ林と音楽に癒されて - なべくら高原でコンサート<飯山市>
 飯山市岡山上段の国営農地開発に際して、地元住民が後世に残したい―として、保全が図られたブナ林で1日、「第2回飯山なべくら高原ブナ林コンサート」が開かれた。

 地元農家や、市内外の音楽グループなどでつくる実行委員会(江口宗晴会長)が、昨年に続いて主催し、約100人が訪れた。

 コンサートでは、ハープ・セラピストの小倉知香子さん、クリスタルボウル・サウンドヒーラー、はら・まゆ魅さんの演奏のほか、草笛・声楽・スチールギター・二胡など、多彩な音楽が奏でられた。「大自然の内ふところで、自由な音楽表現を」とする主旨、ブナ林のホールなどに魅かれて、昨年よりアーティストの参加が増えた。

 同日、下界の熱暑から逃れてたどり着いた会場は、ブナの原生林に包まれた別天地。参加者それぞれが思い思いに、落ち葉敷くシートに腰を下ろし、癒しの音楽に聞き入った=写真=。

 会場ではストレッチ体操、太極拳、座禅、草笛・楽器演奏体験なども行われ、また、ネパールのビール、ナンなどの販売もあり、参加者は五感をくつろがせて、ブナ林に時を過ごしていた。江口さんは「周辺には、すばらしいブナ林が多くある。様々な企画で、多くの人たちを招きたい」と、話していた。
 
 【その他のニュース】
■地元からミニ集会/事務所開きで決意 - 飯山市長選
【道しるべ】 - 温泉街のありがとう…
■親子パソコン組み立て教室 - 飯山市の潟}ウスコンピューターで
■みこし・山車・ステージ発表・抽選会も - とがり夏まつり
■竹内択さん・飯山高校などに栄誉賞 - 平成22年度飯山市表彰式
■前・元副知事の接戦か? - 長野県知事選8日投開票へ
■今年度実行計画に特産地化など - 県食と農業農村振興審議会北信部会
■伝統野菜PR・商談も - まだらおの湯で「斑尾ぼたんこしょう祭り」
■小学生女子も熱暑の空に - 飯山市ジュニアサマージャンプ大会
■食品・資格・環境に人気 - 下高井農林で中学生の体験入学
■猛暑のためでしょうか?各所で珍ナスが
■2勝ながら惜しくも… - 文部科学大臣杯少年少女囲碁大会に飯山市の大竹君
■郷土食・そばがきの振る舞いも - 栄村秋山でことしも「秋山郷常民大学」
■13`の野菜背負い走った選手も - グルっとまるごと栄村100`サイクリング
■「恋」のアカペラ音楽祭 - 参加者募集中
■飯山城址の石垣保全に汗 - まちづくり学習グループ飯山倶楽部
■真剣にパック追って - フロアホッケー交流大会
■中高交流から学力の向上を - 飯山北高で研究報告会/北高チューター中学校へ
◇みんなのひろば
 ◇北信濃柳壇
 ◇北信濃俳壇
 ◇北信濃歌壇
 ◇つぶやき
◇ひとこと - 原爆ドームに平和の尊さを考えたい
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇第66回飯山市早起き野球大会順位表
◇伝言板
◇今週の地場産物市況(飯山市中央市場提供)
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2010年08月07日号