TOP - 過去掲載記事 - 2010年05月29日号

5月29日号掲載記事
 
◆石田飯山市長、9月投票の市長選に不出馬表明 - <飯山市>
 飯山市の石田正人市長=写真=は27日、ことし9月5日に投票が行われる予定の市長選挙に出馬しない意向を明らかにした。6月議会で公式表明する。

 同市長は同日、本紙などの取材に対し、「4年前の市長選出馬時点から、1期だけ―と決めていた。1期の間に、山積している多くの課題、直面する問題の解決を図り、市民の要望を形にして、隘路を開きたい―と、取り組んできた。幸い市民や議員各位、関係機関などの支援や協力をいただいて、課題の多くは解決するか、道を拓くことができた―と、自負している。新幹線飯山駅を核とする広域活性化、働く場が創出される産業振興などから、定住促進を図る施策を受け継ぎ、発展させてくれる人に、市政を託したい」と、述べた。

 同市長は前回、平成18年の市長選挙で、前市長の勇退表明を受け、候補擁立の一翼を担う立場にあったが人選が整わず、最終的に責任をとる形で出馬し、無競争で初当選した。

 石田市政では、前市政下で論議を呼んでいた▽新クリーンセンター建設▽総合福祉センター・介護施設整備▽外様・柳原保育園の統合▽社会福祉協議会・観光協会・振興公社の法人化―などに関して迅速に対応、解決、実現を果たした。

 これに加えて、石田市長はこれまでの政策実績について▽中学校の統合▽国道403号線中央橋の架け替え具体化▽住んでみません課設置・2000万円住宅の普及▽観光局開設▽中国・大連連絡事務所開設▽高橋まゆみ人形館建設▽小学校6年生までの医療費無料化▽福祉企業センター移転・開所―など、明らかにしている。

 ことしの市長選については、これまでに出馬、候補擁立に向けた、水面下での動きもあったが、石田市長の次期市長選不出馬が、6月定例議会で公式表明されれば、候補者選びの動きは一挙に浮上し、加速するとみられる。同市長は「市民の皆さんが考え、論議すること」と、後継者指名はしない考えを明らかにしている。
 
◆開館1カ月で入館者25705人 - 高橋まゆみ人形館<飯山市>
 日本のふるさとの原風景が残る飯山の、回遊性のあるまちづくりの拠点として、また、全国から訪れる人たちと市民の交流の場として飯山市が建設し、ことし4月オープンした「高橋まゆみ人形館」。その入館者が、1カ月で2万5705人を記録した。

 同人形館は4月24日にオープンした。当初、周辺の交通渋滞や事故などが懸念されたため、大規模な団体客は調整したが、いいやま菜の花まつりが始まった5月3日には、1日2424人が訪れ、1時は、90分待ち―のプラカードが現れる事態にも。

 信州いいやま観光局事務局が、開館1カ月(開館日28日間)の23日時点でまとめた入館者は2万5705人で、1日平均918人となった。入館者の最多記録は5月3日の2424人、次いで同4日の2215人。

 同観光局が周辺観光地・施設、飲食・製菓店などとタイアップし、期間限定で発行した、利用割引などのクーポン券は、観光局関係施設、市街地商店などで、合わせて約550件の利用があり、経済効果も認められた。今後は、来館者の声を受け、展示物更新などでリピーター増を検討する。
 
◆花惑い - 北信濃風物詩<連載>
 いつ行っても、季節の花々が待っていてくれる寺がある。

密かに「花の寺」と、名付けている。

その季節が来て、クリンソウを見に行った。

かつて、クリンソウなのに四、五輪で終わってしまう―という句があった。

寺庭いっぱいに咲き誇った花も、今では群れを減らし、寺庭を迷走するように咲く。

ことしも出会えてよかった。
  
◆雨合羽・泥だらけになって - 福島新田の棚田で田植え体験交流会<飯山市>
 23日、飯山市瑞穂・福島新田の棚田で恒例の田植え体験が行われ、地元東小学校の児童や一般参加者、また、その作業風景を撮影しようと、アマチュアカメラマンが集まった。

 同棚田の歴史は古く、1661年に新田開発が始まったとされ、自然石を積み上げた石垣の美しさが特徴。しかし、過疎の進行、これに伴う農業労働力の高齢化、減反政策などで荒廃地が多くなっていった。その棚田を守っていこう―と、平成10年に地元の福島新田棚田保存会「棚田の里 三部(さんべ)」(丸山福治会長)が結成され、保全活動が始まった。その活動が実を結び、平成11年には県の「棚田百選」に選定されている。

 同日は、雨の降る中、地元東小学校(田中好一校長・76人)の児童らが雨合羽姿で田植え作業を行った。毎年やっているだけあって、上級生は慣れた様子で泥だらけになりながらも楽しそうに、下級生に教えながら田植え作業を行った。この日植えた稲は秋に収穫祭を行い、小学校の給食などで使われる予定で、保存会の協力で夏場の草刈りや水田の維持管理が行われる。

 田中校長は「雨の中の作業となったが、自然相手なのだからこういうこともある。地域の方がこの棚田に寄せる想いなどを、きょうは一緒に作業をして、教えてもらったり、感じとってくれればいい」と話した。
 
 【その他のニュース】
■財源は大丈夫? - 長野財務事務所が野沢温泉村で行政財務懇話会
【道しるべ】 - 楽して儲けるなんて
■千曲川を本来の流れに - 千曲川・信濃川復権の会設立総会
■雪萌え山菜に栄の春を堪能 - 栄村で恒例「春の山菜まつり」
■エコと「街の駅」謳って - 飯山・六斎市本町オープン
■タオル類送りたい - 口蹄疫対策に・戸狩観光協会が呼びかけ
■「死ぬまで元気」祈って - 飯山市太田の高源院に「ぽっくり」履いた観音様
■「大地の恵み」その手で - 飯山市でまなび塾・百姓塾
■施錠・安全に努めます - 飯山高校で自転車セーフティー宣言式
■紅葉・雪・桜・新緑/村の四季 - 栄村観光協会・初のフォトコン入選作展
■第34回飯山市ジュニア陸上競技大会結果
■5.5`を車イス押して - ながみね交流ウォーク
■太陽エネルギーを動力に - みゆき野青年会議所5月例会
■県内外の200人がプレー - 第1回斑尾高原ふるさとカップグラウンド・ゴルフ大会
◇ハートフルライフ
 ◇ここに生きる -59-
 ◇歯なしにならない話 - 口からはじめるアンチエイジング
 ◇よそ者の目 しろうとの目 -11-
 ◇第24回玉滝不動俳句大会
 ◇森の家で遊ぼう
 ◇北信濃イベント情報
 ◇わが家の仲間たち
◇城下町いいやま再発見 -12-
◇猪突申恵(ちょっともうすかえ) -あるべきよう
◇エミリーのわんっダフル犬生活
◇JA北信州みゆきだより
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇今週の地場産物市況(飯山市中央市場提供)
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2010年05月29日号