TOP - 過去掲載記事 - 2010年02月13日号

2月13日号掲載記事
 
◆「過疎地指定」飯山市など3市村も - 財政優遇にも複雑さ<岳北>
 過疎地域への国の支援を定めた「過疎地域自立促進特別措置法」(過疎法・2000〜2009年度)が、新年度から6年間延長される見通しとなった。

 同法改正案では、過疎地域の要件が現法より緩和され、現在過疎地域に指定されている栄村に加え、飯山市・木島平村(平成2〜12年指定)が10年ぶりに再指定、野沢温泉村は初めて指定される見通しとなった。

 改正案では、現行過疎地域の指定要件のうち、一定期間の人口減少率、高齢者・若年者比率、財政力指数などが緩和される。指定要件は▽人口要件@昭和35〜平成17年の45年間の人口減少率が33%以上であることA昭和35〜平成17年の45年間の人口減少率が28%以上で、かつ、高齢者比率(65歳以上)が29%以上であるか、または若年者比率(15歳以上30歳未満)が14%以下であることB昭和55年〜平成17年の25年間の人口減少率が17%以上であること▽財政力要件 平成18年〜20年度の3カ年平均の財政力指数が0.56以下などであること―。

 飯山市の場合、45年間の人口減少率は33.6%、高齢者比率は29.1%、財政力指数は0.319。木島平村は人口減少率31.3%、高齢者比率31.9%、財政力指数0.185。野沢温泉村は人口減少率27.5%、高齢者比率30.59%、財政力指数0.284。人口減少率では要件を満たさなくても、近値ならば他の要件数値を勘案し、総合的に判断される。ちなみに継続指定される見通しの栄村は人口減少率60.89%、高齢者比率41.4%、財政力指数は0.14。

 過疎地指定されると、道路や下水道、公共施設の建設に際して、国が債務の7割を肩代わりする過疎対策事業債(過疎債)が借りられるほか、国の補助率のかさ上げなど、優遇措置が受けられる。

 最初の「過疎地域対策緊急措置法」が施行されてから50年。道路や下水道などインフラ整備、観光誘客施設など産業基盤整備は飛躍的に進んだものの、指定市町村の過疎に歯止めはかからず、高齢化の進展で、自治機能が崩壊するおそれのある限界集落が増えるという皮肉な結果も。

 北信濃4市村では飯山市が市民会館の移転改築、新幹線飯山駅周辺整備、若者定住などに過疎債を活用する意向を示しているが、同市も含めて、過疎債活用の具体的な検討はこれからだ。
 
◆雪室使い雪中貯蔵酒作り - 森の家<飯山市>
 6日、飯山市のなべくら高原森の家で、雪室に日本酒を入れ、雪中貯蔵酒をつくるイベントが開催され、県外から合わせて16人が参加した。

 森の家近くの酒蔵が造った純米大吟醸を貯蔵するもので、2カ月間、低温多湿の雪室に保存することで、口当たりの良い、まろやかな味になるという。

 当日は、時折吹雪く悪天候だったが、森の家近くの、雪を掘って作った雪室に、約300本の日本酒を運び込む作業が行われ、参加者はソリに日本酒を積み、ケースを手渡しで雪室に積み上げて、雪をかぶせていった=写真=。
 この後、雪中酒を購入希望の参加者は、日本酒に貼るオリジナルのラベル作りを行った。

 2カ月後の4月17日には、雪中酒を掘り出すイベントが予定されている。詳細は森の家(рO269-69-2888)まで。
 
雪まつり - 北信濃風物詩<連載>
 飯山の町は日ごと雪まつりムードを濃くする。

不順天候に苦しめられながら、雪像づくりも進む。

雪像にとっては最大の天敵である雨がそぼ降る。

 雪像ストリートの雪入れ。

雪まつりの赤いジャンパーが目立つ。

60団体による計215個の雪像づくりが始まる。

雪国の町が活気づく。

いよいよ「その日」が訪れる。
  
◆地域活動のお手伝いを - 信濃グランセローズ<飯山市>
 信濃グランセローズの木田勇地域貢献担当マネージャー、藤原航真投手ら選手7人は4日朝、飯山警察署などを表敬訪問、交通安全や詐欺被害防止など地域活動への協力を申し入れた。

 同球団では発足以来、県内各地で、活性化や暮らしに関わるイベントに選手らを派遣、盛り上げにひと役かっている。
 同日、木田さんは「人権擁護や交通安全などの街頭啓発活動に協力したい。何かあれば声をかけてほしい」と、村上署長に申し入れた。同署長は「新幹線の開業で全国から人が訪れるようになる。この地方はふるさとのイメージを大切にしている。安全で安心なふるさとを守りたい」と述べた。

 同日の同署訪問は、球団のPR、新人選手の紹介を兼ねたいわゆるあいさつ回りで、新人を中心に今月いっぱいをかけて県内を巡回する。

 選手は投手の藤原航真さん、藤原雄一郎さん、捕手の北迫太樹さん、内野手の竹内大地さんら7人。「雪深い飯山の雪が解けるような熱意で、優勝できるよう頑張ります」と、決意を伝えた。
  
■移転新築を検討 - 飯山市民会館
【道しるべ】 - 競技者の声聞く場を
■中小企業などに仕事を - 県北信建設事務所
■雪像づくりや雪合戦 - 中国からの学生が雪国体験
■75歳以上の村民に長寿お祝い・肺炎球菌ワクチン接種 - 栄村
■不順天候に悩む雪像 - 13・14日にいいやま雪まつり
■猛吹雪で交通事故多発 - 飯山市羽広で積雪3b超
■吹雪に暖か「またぎ鍋」 - 木島平村スキー場感謝祭
■若者や家族連れに人気 - 戸狩温泉スキー場・かまくらカフェ
■3年ぶり女子総合優勝 - インターハイで飯山高校
■雨の日も風の日も豪雪の中でも - 郵便局で記念絵手紙展
◇春のじろばた - 山里梢
◇熊さんの身近な動物記 - 小学校に来たタヌキ
◇エミリーのわんっダフル犬生活
◇JA北信州みゆきだより
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2010年02月13日号