TOP - 過去掲載記事 - 2010年01月16日号

1月16日号掲載記事
 
◆竹内択さんバンクーバー冬季五輪へ - スキー・ジャンプ日本代表に<飯山市>
 飯山市飯山出身のスキージャンプ選手、竹内択さん(22)が、カナダ・バンクーバー冬季オリンピックのジャンプ日本代表に選ばれた。全日本スキー連盟(SAJ)、日本オリンピック委員会(JOC)が13日、正式に発表した。

 飯山市からの冬季オリンピック公式競技代表選手は、ジャンプの江遠要甫さん(1960年アメリカスコーバレー・64年オーストリアインスブルック)、山田大起さん(2002年アメリカソルトレイクシティ)、クロスカントリーの岡村富雄さん(1972年札幌)、フリースタイル・モーグルの野田鉄平さん(2002年アメリカソルトレイクシティ)に続いて5人目。

 竹内さんは飯山市飯山出身。長野冬季オリンピックのジャンプ競技に感動し、小学校5年の時、ジャンプを始めた。飯山第一中学校卒業と同時に、かつてのコーチを頼って、単身フィンランドに留学。クオピオの職業校に学びながらジャンプに明け暮れた。

 帰国後、長野市の北野建設に入社、スキー部に所属して全日本ナショナルチーム入りを果たし、以来毎年、ワールドカップ出場を果たしている。


(写真=葛西選手(向かって左)とともにバンクーバーへ)
 
◆4年ぶりの大雪重く - 飯山市で229a連日除雪作業に追われ<岳北>
 当初の暖冬予想に反して、北信濃地方は先月31日午前中から断続的な集中降雪に見舞われ、8日午後6時時点で野沢温泉村では、気象庁の県内観測点で最多、全国で8番目の150aを記録した。

 栄村では同日午前の役場付近の積雪は176a。飯山市の飯山気象観測ロボットのデータでは8日時点で最高積雪深は229a、岡山も同じ積雪深を記録した。岡山温井では11日の目測で250aを超えていた。

 間断なく降り続いた雪は5日になってやっと上がり、各所で屋根の雪下ろし、家周りの除雪作業に追われる住民の姿が見られた。今冬の雪は湿気が多く、重いのが特徴で、小型除雪機もローターに雪が張り付いて作業しにくく、「やっかいだね」のため息も。

 この大雪で、JR飯山線は8日早朝、信濃白鳥―西大滝、足滝―森宮野原間で列車が倒木により緊急停車、上下普通列車2本が部分運休し、5本が最大約1時間10分遅れた。道路交通には大きな支障はなく、一部で除雪作業による渋滞が生じるにとどまった。8日現在、各市村では、雪による重傷事故は確認されていない。

 11日、飯山市岡山温井。この地方では最深積雪地といわれる同地区では、民家の屋根、車庫などの雪下ろしが行われていた。集落最上部の車庫には250aを超える積雪があり「いくら鉄筋とはいえ、これだけ積もると気持ち悪くてね」と、今冬初の雪下ろしに汗する住民は、1bほどの厚さの雪を残し、なお1b以上はある雪の除去に懸命だった。


(写真=雪の晴れ間をぬって鉄筋製車庫の雪おろしも)
 
凛として - 北信濃風物詩<連載>
 大雪に加えて、例年になく寒い日が続く。

ことしの雪は湿っていて重く、寒さで暖房費はかさむ。

ついつい愚痴も出るが、豪雪地住民はくじけない。

 「雪は魔性と叙情の二つの顔をもつ」という。

鉛色の雪空、天から粉を振るい落とすように降る雪。

美しく晴れ上がった日の、凛とした雪景色。

つい、それに騙されて雪を恋う。 
  
◆迅速で的確な通報を - 1日署長は保育園児<飯山市>
 1月10日は「110番」の日。飯山警察署はこれを前にした8日、隣接する飯山市立あきは保育園の園児を招いて、記念イベントを行った。

 緊急の通報や深刻なトラブルなどは当然として、ちょっとしたことで安易に110番を使う例が少なくない。イベントは110番利用の重要性を認識し、迅速で的確な通報の仕方を理解してもらうのが主旨。

 同日はあきは保育園(藤沢八代恵園長)の児童73人がお隣の同署を訪れ▽一日警察署長▽110番通報訓練▽署員の服装点検▽餅つき▽パトカー試乗―などを見学、体験した。

 一日署長を委嘱されたのは荒井瞭君。イベント用の子どもサイズの制服に身を包み、署長のイスに。その後、村上猛署長の先導で、玄関前に並んだ署員から敬礼を受けて服装点検を行うと、園児や先生から「格好いい!」の掛け声も飛んだ。

 署の玄関前では餅つきやパトカーの試乗体験が行われ、「よいしょ」の掛け声や、パトカーのサイレンなどが入り混じって、にぎやかだった。

 また、署長室で県警本部通信司令室に110番通報した藤沢園長は、事前の打ち合わせにはなかった問答に戸惑いながらも、要領を得た受け答えで「合格点」。「緊張しました」と、話していた。


(写真=飯山署玄関前で署員の敬礼を受ける一日署長)
  
■新幹線で「飯山の時代」を - 飯山市・飯山商工会議所新年祝賀会
【道しるべ】 - 急務な内なる定住対策
■担い手の育成に支援体制 - JA北信州みゆき新年祝賀会
■大雪・短い連休?前年同期で減 - 北信濃7スキー場の年末年始利用者
■野沢温泉スキー博物館など参加して設立 - 日本スキー発祥100周年委員会
■「副村長人事案」3月議会にも - 野沢温泉村の富井村長
■厳しい中にも浮揚モードが - ハローワーク飯山の労働市場概況
■「どぶろく」村に長い行列 - 野沢温泉ニコニコ冬まつり
■初稽古に汗 雑煮に舌鼓 - 飯山柔道教室で恒例の鏡開き
■様々な祈り炎に託して - 連休に各地でどうろくじん
◇ふりむいた人
◇今週のスポーツ
◇伝言板
◇らくがき
◇冬のじろばた -1-
◇熊さんの身近な動物記 - 小学校に来たタヌキF
◇エミリーのわんっダフル犬生活 -139-
◇JA北信州みゆきだより -220-

TOP - 過去掲載記事 - 2010年01月16日号