TOP - 過去掲載記事 - 2009年09月12日号

9月12日号掲載記事
 
◆野沢菜伝来の街道(みち)ウォーキング500` - 大阪→野沢を約3週間で<野沢温泉村>
 「野沢菜と野沢菜の伝統を守り続けた先人たちの英知に感謝し、今後の野沢温泉の村づくりを考える」ことを目的に、ことし10月10日から、大阪・四天王寺を起点に野沢温泉村までの約500`を歩く「野沢菜伝来の街道(みち)ウォーキング」が行われる。

 「のざわな蕪四季會社」創立20周年記念イベントの一環で、合同会社野沢温泉観光協会に実行委員会を設置し、参加者の募集を始めた。

 ウォーキングは大阪・四天王寺をスタートし、中仙道の宿場町を巡り、木曽路から北国街道を経て、野沢温泉村に到る約500`。約3週間かけて11月1日の「野沢菜の日」にゴールする予定だ。

 野沢温泉村村民、のざわな蕪四季曾社蕪主、大阪・天王寺蕪の会、ふるさと会などのほか、一般参加も呼びかける。道中では野沢菜の種を配布し、広く野沢菜と野沢温泉村のPRを行うことで、村の知名度アップを図る。

 近年の厳しい経済・社会情勢などから、とかく閉塞感に陥りがちな、ネガティブな村民感情を吹き飛ばし、ウォーキングを通じて村民の気持ちを1つにし、次世代の子どもたちに明るい未来を提供したい―との願いがある。

 野沢菜は健命寺八代住職、晃天園瑞大和尚が、大阪・四天王寺周辺で栽培されていた天王寺蕪の種子を野沢温泉に持ち帰って栽培したのがルーツと言われる。この縁で、「天王寺蕪の会」との交流も始まった。
 今回企画に当たり、天王寺蕪の会からは、ウォーキングは天王寺蕪発祥に縁のある四天王寺を出発地に―という申し入れがあり、実行委員会では当初の起点、京都・三条大橋を四天王寺に変更する経過もあった。
 
◆駅ホームは23年から - 北陸新幹線飯山駅関係事業<飯山市>
 飯山市は先ごろ開いた議員全員協議会で、北陸新幹線(長野・金沢間)の工事実施計画(その2)の追加認可に伴う工事実施計画の概要、関係事業スケジュール(予定)について説明した。

 工事実施計画は、21年度補正予算により、工事の前倒しを行うためのもの。電気・消雪設備、レール敷設などの認可が必要になる。鉄道建設・運輸施設整備支援機構から国土交通省に申請され、現在、地方自治体の意見聴取が行われている。実施計画では、列車の制御方式、通信設備に関して追加・変更される。全工事費は約1兆5660億円が見込まれる。

 新幹線飯山駅関係事業では、駅(アトリウム・在来駅統合別途)建設工事で、23年第1四半期中にも高架橋工事の機構施工分が完成。建築関係ではことし11月末ごろから基本設計に入り、旅客上屋(ホーム)は23年第3四半期から、駅本屋は24年第2四半期から工事が始まる見通し。

 駅舎については「豊かな自然の懐に抱かれたやすらぎの駅」をデザインコンセプトに、「北信州の土地の姿を映し出す場としての駅空間」「素材や意匠が吟味された駅空間」「交流が生まれる駅空間」をイメージしている。


(写真=大型重機が林立する新幹線橋脚工事)
 
尾 花 - 北信濃風物詩<連載>
 「秋かい、すに(すぐ)冬だでな」―。

季節がそんなに早く巡ってもらっても困るのだが、雪国の秋は「冬隣り」なのだ。

 朝夕に寒気さえ感じる候となった。

残暑は居座るが、1年中で最も過ごしやすい季節なのかも知れない。

秋の空と尾花。

里では秋祭りのお囃子が聞こえ、コスモスが咲き、確かな秋風にそよぐ。
  
◆燈篭連れの華麗な灯りの帯が… - 野沢温泉村湯沢神社例祭<野沢温泉村>
 起源は定かではないが、「燈篭連れ」とも言われて受け継がれ、今なお夜祭り・祭礼の日が頑なに守られている野沢温泉村湯沢神社の例祭。ことしも8日に夜祭りが行われ、大湯通りを灯篭行列などが練り歩いた。

 十王堂前での猿田彦のシメ切り、獅子の悪魔払い、三十六歌仙の舞いの後スタートしたお練りは、制札灯篭を先頭に御幣・花・鈴・奴・三十六歌仙―など灯篭の、形も大きさも様々な明かりの帯を描いて、湯沢神社までの道を進む。

 同夜は一時、雨に見舞われたが、行列スタート時には霧雨となり、村民や帰省者、呼ばれ客、宿泊客らが道の両側に垣根をつくり、華麗な「燈篭連れ」を見守った。

 獅子舞いの合間には、奴灯篭を持った子どもたちが向かい合って、灯篭を打ち合うシーンもあり、見物客の喝采を浴びた。
  
■スキー場資産村が買い戻す - 木島平第3セクター経営改革プラン
■新聞がまだ……大丈夫? - 北原全戸に「命を守る新聞箱」
【道しるべ】 - この地で子育てできて
【石田市政あと1年】下 - 人口増・産業活性化の宿題重く
■農業に自信と誇りを - 北信州農村女性のつどい
■急きょ結成、全国大会へ猛練習 - 野沢温泉村女性消防隊
■歌う喜び分かち合いたい - コールかたくりと木曜会が合同のステージ
■医師らのトリアージも - 飯山市総合防災訓練
■鳥肌たった黙とう - 飯山市中学生平和学習派遣、市長に成果を報告
■「暮らしの歴史」方言で - 木島平郷の家でふるさとの語り部交流会
■マレットゴルフで交流も - 飯山市体協主催の体協まつり
■3世代で学ぶ交通安全 - 木島平村ひまわり保育園
■野沢温泉の風情も豊かに - おぼろ月夜の館で片桐桂湖さんの書芸展
■取り締まりなど強化 - 野沢温泉村国道での死亡事故を受けて
■おもしろ野菜の便り相次いで
■自然に学び、遊ぶのが1番 - 野田知佑さんと行く野遊び&カヌーツアー
■飯山北高美術展 - 飯山市美術館で17日まで
◇創見塾かわら版SPE
◇今週のスポーツ
◇ふりむいた人
◇伝言板
◇今週の地場産物市況 - 飯山中央市場樺供
◇らくがき
◇田舎主婦ミトのロンドンレポート - 台所用品は和を主流に
◇熊さんの身近な動物記 - 小学校にタヌキが来たB
◇エミリーのわんっダフル犬生活
◇JA北信州みゆきだより

TOP - 過去掲載記事 - 2009年09月12日号