TOP - 過去掲載記事 - 2009年06月20日号

6月20日号掲載記事
 
◆地産地消・句産句消のおもてなしを - 野沢温泉農家民宿おもてなし研究会<野沢温泉村>
 県農林漁業体験民宿業団体(JA長野中央会)は10日、野沢温泉村のJA北信州みゆき北部支所で、「野沢温泉農家民宿おもてなし研究会」として、これまで取り組んできた料理講習会の成果を披露する食事会を開催した。

 平成18年から、長野県型農家民宿のあり方研究と経営改善支援事業として、野沢温泉の4軒の農家民宿をモデルに「食」「施設・地域の空間構成」を中心とした経営改善計画の策定、実践を通じ、長野県型農家民宿のあり方を検討してきた。

 近年、民宿が本来もつ「もてなしの心」やシステムが失われつつあることが指摘される中で、客のニーズに沿った、その地域ならではの農村の過ごし方、自然・農業体験などが求められていることが背景にある。

 このほどまとめられた事業調査報告書では、「食」を中心に、これまで7回の料理講習会を開催し、「地産地消・旬産旬消」の料理について学習してきた活動の集大成が紹介される。取り組みをモデル4民宿だけで終わらせるのではなく、同業者などに広めるとともに、メニューの一層の充実、グレードアップを図るのが主旨。

 食事会のメニューは▽前菜 春野菜の丸かじり、手作り味噌を添えて▽スープ 鮮やか新緑色のアスパラスープ▽サラダ 春の野に聞け山に聞けサラダ▽粉物 春山とどぶろくのハーモニーフォカッチャ▽卵料理 野沢育ちのアスパラとズッキーニの温玉添え▽肉料理 地鶏の味噌漬け酒粕風味▽魚料理 清流六年育ちニジマスのホウ葉蒸し焼き―など。その他、米粉を使ったシフォンケーキ、六軒清水で淹れたコーヒーなど、地場産の食材にこだわった。

 同日は村、観光協会、エージェント、JA関係者に加えて村内民宿のおかみさんたちら約20人が参加。食材や調理のアイデアに感心し、風味に舌鼓を打った。テーブルにはホウ、ヤマブドウの葉がお皿代わりに置かれ、先人の知恵も生かすもてなしに関心を集めた。

 モデル民宿の1つとして同日、料理づくりに当たった「山ぼうし」の小嶋淳さんは「(職人館館主)北沢(正和)先生のご指導で、調味料1つとっても、あり合わせのものではなく、最高のものを使うべきであることを知りました」と、話していた。


(写真=3年間の講習の成果を披露した食事会)
 
◆鳥感覚の冒険施設 来月オープン - 斑尾高原スキー場<飯山市>
 空中を滑走し、雄大な景観や森林の姿を眺める「鳥」感覚のアドベンチャー(冒険)施設が7月4日、斑尾高原にプレオープンする。

 「ジップライン アドベンチャー」。斑尾高原スキー場の7コースに張り巡らされたワイヤーを、ハーネス・カラビナを装着して滑走する「絶叫型」の冒険施設。クライミング(山・岩登り)技術と用具を使う新しい冒険メニューとして、ハワイ・カナダなどのリゾート地で人気を集めているという。

 斑尾高原スキー場が、「自然とエコ」をコンセプトに、夏の誘客拡大のメニューとして開設するもので、7月4日にプレオープン、同18日から本格営業を行う。

 鋼索長39bから最長139bまでの7コース(全長654b)。高度、長さそれぞれで、どんぐりの森に飛び込んだり、谷を越えたり、小川沿いを滑空したり。

 各コース間は徒歩でたどり、インストラクターが安全確保、コース一帯の植生、景観など案内に当たる。体験者が鳥感覚で一帯の自然を知り、その大切さを認識してもらえれば―というのが願いだ。

 体験料金はガイド料・装備レンタル料・保険料込みで1人3500円(身長・体重制限あり)。体験は予約制で原則的に1日3回、各回6〜8人1組。グループ体験も可。問い合わせは「まだらお高原そらの家」まで。


(写真=「自然とエコ」がコンセプトのジップライン・アドベンチャー)
 
バラの苑 - 北信濃風物詩<連載>
 町なかのバラ公園。

周囲に家が立ち並び、暮らしの音が聞こえ来る、そんな感じがいい。

寺町でのコンサートで、会場目の前の踏み切り警報機に思わず首をすくめ、奏者を見やったが、「いい感じじゃあないですか」と笑った人が懐かしい。

花を厭う人を知らない。

好みはあろうが、花群れに誘(いざな)われる。

花育ての労苦を思った。
  
◆トレイル歩いて、木を植えて - アースウォークの中渓さん<飯山市>
 2003年、南アフリカで出会ったイギリス人が、20世紀に戦争で亡くなった1億人のために、鎮魂の思いを込めて1億本の木を植える活動をしていることを知り、「地球を歩く、木を植える」活動を始めた中渓宏一さん(小樽市)一行が、沖縄を目指す旅の途中、飯山市を訪れ、数日滞在して様々な交流に足跡を残した。

 中渓さんはことし3月、北海道小樽を発ち、9月21日、国際平和デーに「セレブレーション アース(地球の祝祭)」が開催される沖縄目指し、歩き続けている。一行は1歳の一心ちゃん、妻の亜衣さんと中渓さんの一家3人を含めて9人だが、主旨に賛同して一部区間をともに歩く人もいて増減する。途中、小学校などで植樹し、山間の小さな集落を訪ねて話し込み、集まりの場で話をしての5200`の旅。

 飯山市には12日、伏野峠から入り、信越トレイルをたどって関田峠まで歩いた=写真=。「日本海が見えて、すばらしいトレイルですね。ブナ林を中心とする広葉樹林が感動的でした」と、語る中渓さん。

 同日は高源院に宿を提供され、夜、「ふるさとを唄おう」ミニライブで、4年前、沖縄で知り合った飯山市在住の音楽家、丸山祐一郎さんと偶然の再会を果たし、集まった人たちに「アースウォーク」の主旨など訴えた。中渓さん一行はその後数日、飯山市に滞在し、16日には戸狩小学校で念願の植樹を行った。
  
■関西圏からグリーン期初の修学旅行 - 宿泊先の民宿で農作業体験
■割箸・イスで資源活用 - みゆき野JC6月例会・中高生と環境実践
【道しるべ】 - 出会いがうれしいから
■米学生交流大使第1陣 - 飯山市戸狩温泉へ
■園児と高校生サツマイモ交流 - 飯山中央幼稚園・下高井農林
■健康と環境の大切さ知る - ごみゼロ健康ウォーキング
■「平和の火」と米学生交流大使 - おはなしと虹のHoshiミニライブ
■呼吸法・姿勢・歩き方でも - アンチエイジング&メタボ対策研究会
■北信濃の雪にこだわって - トクタケノーキで三沢忠さん油絵展
■大きな車をありがとう - 飯山学園・寄贈された車の入魂式
■6年の英語授業を共同参観 - 野沢温泉村「保・小・中」連携プロジェクト
◇今週のスポーツ
◇ふりむいた人
◇伝言板
◇らくがき
◇創見塾かわら版 no3
◇奥信濃今昔ばなし - 両杖の笛A
◇北信濃歌壇

TOP - 過去掲載記事 - 2009年06月20日号