TOP - 過去掲載記事 - 2009年05月16日号

5月16日号掲載記事
 
◆村の資源を使い商品化も - 交流型事業推進協議会21年度事業<木島平村>
 木島平村交流型産業推進協議会は7日、村若者センターで総会を開き、平成21年度事業計画などを決めた。木島平米に加えて「名水火口そば・遊休荒廃地」「官・学・民連携による農村文化・環境再生」プロジェクトなどと取り組む。

 事業計画では、農山村と都市との更なる交流活発化の取り組み―として、ことし10月に「農山村交流フォーラム」を開催する。

 木島平米プロジェクトでは▽木島平米の一層の品質向上▽プレミアム商品づくりと販路拡大▽木島平米を中心とした地産地消キャンペーンの展開―と取り組む。米を中心とした村内農産物を、村内の店・宿で提供することで、地域の活性化、観光力アップを図る。

 「火口そば」では、観光イベントとも連携した名水火口そばのPR・知名度アップのほか「そば打ち人口の拡大、そば打ち技術の向上」として▽名水火口そばの会の組織化▽名水火口そば打ち認定制度の検討▽そば打ち技術コンクールの開催、遊休荒廃地活用によるそばの栽培など。
 
◆1年に1度の雄姿 - 例祭・手打ちそば・春まつり<木島平村>
 5月8日の「玉滝不動明王」例祭に合わせて、ことしも1年に1日だけの「樽滝」が雄姿を現した。同日は近くの糠千地区そばまつり、村観光交流センター春祭りなども行われ、一帯は終日、住民や行楽客、アマチュアカメラマンらでにぎわった。

 玉滝不動の太鼓橋直下の「雄滝」、滝見橋下の「雌滝」と、そのほぼ中間に大正12年、発電所導水路の余水を落としてできた新たな滝の総称が「樽滝」。

 真ん中の滝は昭和59年、発電所改良工事で導水路の余水がなくなったことから1時姿を消したが、住民らの強い要望で昭和62年から年に1度、お不動さんの例祭に合わせて姿を現す。

 落差約50b、柱状節理の岩盤に水が砕け散り、あるいは布を流すように流れ落ちる滝はことし、傍らのヤマブキも鮮やかで、同日は午前8時半の落水開始前からアマチュアカメラマンらが、滝見橋に陣取り、シャッターを切り続けた。

 同日、近くの糠千公民館では、ことしで3回目となるそば祭りが開催され、「ものずき会」メンバーが地粉を使い、ヨモギをつなぎにして打ち上げたそばが、山菜の天ぷらとともに提供された。

 また、村観光交流センターでは「春まつり」が行われ、そば打ち研究会による名水火口そばの無料試食会、わんこそば・きのこ汁サービスなどのほかコカリナ・ギター演奏などもあって、訪れた人たちを楽しませた。
 
絵 巻 - 北信濃風物詩<連載>
 現住職が「記憶がない」と言うほど、長く途絶えていた稚児行列が行く。

寺本堂の竣工記念行事の一つ。

 ここ数年、往来に寂しさがつのる通りに、久しぶりに色彩が戻り、子どもの声が聞こえる。

子どもとその親と、祖父母。

親類縁者や町の人たち。

華麗な時代絵巻が、町に笑顔を呼び戻した。

じいちゃはきょう、カメラマン。
  
◆馬鈴3度目の出産で初めて女児 - 下高井農林高校<木島平村>
 下高井農林高校で飼育している木曽馬の「馬鈴(まりん)」に3日朝、3児目となる子馬が生まれた=写真=。馬鈴にとっては初めての女児で、同校では自校での繁殖に期待を寄せる。

 雌の子馬が生まれたのは今月3日午前7時26分。担当の山岸祐一教諭によると、馬鈴は数日前から産気づき、動物科学クラブ(真嶋梓クラブ長)の生徒と先生が観察していた。前日の2日、出産はない―と判断し、生徒を帰したが、3日朝になって急に産気づき、急きょ駆けつけた1部の生徒、先生に見守られて無事出産した。

 女児は体高87a、体重34`で、母子ともに健康そのもの。11日、取材に訪れた折は、母親馬鈴に寄り添い、乳をまさぐる仕草を繰り返していた。

 馬鈴は平成8年に、木曽開田村から導入された木曽種で、平成16年に初めての子ども「春風」を、18年には2児目の「豊風」(いずれも雄)を出産。豊風は同校で飼育されている。

 同校では、先の2児同様、3児目の雌馬についても名前を生徒から募集、今週末にも決定したい―という。
  
■飯山市2団体の「千曲川」などに - 県の元気づくり支援金
■春の叙勲で旭日小綬章 - 前栄村長の高橋彦芳さん
【道しるべ】 - 外国人客を迎える地は
■続けられる限りは…とみくら市・山菜まつり今年も
■譲渡予定価格3824万円で - 旧飯山照丘校舎・校地→城北中学
■スタート前に唱歌合唱 - 野沢温泉菜の花パノラママーチ
■「霊験仏」時代の作として善光寺信仰展に展示 - 飯山市忠恩寺の「黒本尊」
■6万本のヤマブキ満開 - 木島平村馬曲温泉
■日常的に、そして、生きがいにも - 樋口美代子教室合同作品展
■公衆トイレの点検奉仕活動 - 飯山市建設業協会電気・管工事部会
■わくわく斑尾高原の春 - 森の大切さ学ぶエコウォーク
■六地蔵撮り続けて3年 - 飯山市ふるさと館で「輪廻〜富井一貴写真展」
■飯山市早起き野球大会が開幕
◇ふりむいた人
◇伝言板
◇らくがき
◇創見塾かわら版
◇北信濃歌壇
◇奥信濃今昔ばなし - 両杖の笛@

TOP - 過去掲載記事 - 2009年05月16日号