TOP - 過去掲載記事 - 2009年03月28日号

3月28日号掲載記事
 
◆無投票で富井俊雄さん - 温泉観光再生・まちづくり・地産地消<野沢温泉村>
 任期満了に伴う野沢温泉村村長・村議会議員選挙は24日告示され、村長選では富井俊雄さん(59・無所属新・秋葉)の無投票当選が決まった=正式には29日=。村議選では定数を2人上回る10人が立候補を届け出、29日の投票日に向けて選挙戦に入った。

 〔村長選〕前村長の河野幹男さんが昨年12月議会で再出馬を表明、後に不出馬に転じたことで、それ以前から擁立の動きがあった前村総務課長の富井俊雄さんの名前が表面化。富井さんは2月19日、公式に村長選出馬を表明した。富井さんは「対話と前進」を基本方針に、前河野村政が進めた行財政再建と村づくりを継承しながら、次の世代に残せる「まちづくり」を進める決意を示す。バブル崩壊以降、観光客、温泉客の減少に歯止めがかからない状況を踏まえ、「温泉観光地野沢温泉」の再生を訴えた。

 政策として▽温泉観光地野沢温泉の再生をめざし、まちづくり基本計画を作成、行政・地域・住民の役割分担を明確にして事業を推進する▽地産地消をめざし、健康のため、また、観光資源としてのネットワークの構築と取り組む―とする中・長期的目標を掲げた。

 そして、即実行するものとして、観光宣伝で時間が許す限り、村長としてトップセールスを展開する―と言う。

 結果的には無競争で、1日だけの遊説となったが、24日は秋葉の自宅前で第一声を放ち、大湯通りをかわきりに夕刻にかけて全村内を回って政策を訴えた。

=続きは紙面で=



(写真=自宅前で第一声を放つ富井俊雄さん)
 
◆温泉運んでゲレンデで足湯も - さかえ雪ん子まつり<栄村>
 イワナの塩焼き、熊汁やイノシシ鍋など、野趣豊かな香味が来場者を出迎え、ステージに栄ふるさと太鼓の演奏が響き渡る。21日、栄村のさかえ倶楽部スキー場で、「さかえ雪ん子まつり」が開かれた。

 スキー場利用に感謝するとともに、村民も一緒になって行く冬を楽しもうというもので、同日午後3時半からオープニングセレモニー、栄ふるさと太鼓の演奏が始まった。

 会場にはイワナの塩焼きや熊汁、イノシシ鍋、あんぼや飲食物、縁日商品などを売る13の住民店がテントを連ね、その一画には「貝立の湯」と名付けた足湯コーナーが設けられた。実行委員会が百合居温泉から湯を運び、薪ストーブで加熱し、循環させたもので、雪を掘り幅1・5bほど、長さ3bほどの浴槽を造った。足湯は子どもたちに「あったけえ」と大好評で、ズボンを濡らし、家族に着替えを取りに行ってもらう小学生も。

 地元農産物などを景品とする大抽選会の後、会場の照明は消え、カラフルな光がゲレンデに軌跡を描く松明滑走が行われ、最後に仕掛け・打ち上げ花火が、星のきらめきが美しい夜空を彩った。


(写真=地元の温泉から運んだお湯で即席の足湯も)
 
◆三季桜 - 北信濃風物詩<連載>
 取材の折、幸せな出会いをすることがある。

美しい風景との出会い、思いがけない人との出逢い。

おいしいものとの出会い等々。

 「あれっ、これサクラですよね」と聞くと、希少な三季桜だという。

いつになく早い開花で、まだ数えられるだけの数の花だが、幸せな気分だった。

スキー場に思いを馳せつつ、早春のときめきを否めない。
  
◆高校生と環境問題を討議 - 身近な行動からまず一歩!<飯山市>
 「身近な行動からまず一歩!」をテーマとする、みゆき野青年会議所(坂東武文理事長)の3月例会は20日、飯山商工会議所で行われた。みゆき野地域の環境問題について調査・実践と取り組む中で、地域の次世代を担う高校生たちが環境問題をどうとらえ、具体的に何を実践しているのかを知ることを通して、人材育成に結び付けたい―というのが主旨。

 同日は飯山市・木島平村などの高校に学ぶ生徒、JCメンバーら約60人が参加。坂東理事長は「小さな一滴が大きな波紋を起こす。この地のすばらしい自然を守っていくのは、我々から皆さんの世代。きょうの話を今後の活動に役立ててほしい」と、あいさつした。

 同日は地球環境に関するスライド、クイズで認識を新たにした後、4班に分かれてグループディスカッションを行った。▽地域環境の良さ▽環境を守っていくための行動▽学校で行っている環境活動▽地域環境を良くするために今からできること―について、高校生、メンバーが発表。

 このうち、地域環境について高校生たちは、四季感の豊かさを含めた自然の美しさ、雪の恵み、水のおいしさ、清澄な大気と、動植物の豊かな営み―などを上げ、「日本の原風景がある」など評価した。

 環境保全に向けて実践していること―では、自転車通学や通学路のごみ拾い、花壇づくり・花植えなどのほか、飯山高校生が学校全体でのごみの分別、下高井農林高生が、鍋倉山の「森太郎」の種を守る、コケ玉に幼木を植え込む「森彦」づくりの活動を紹介した。


(写真=グループごとに環境問題を考えたJC例会)
  
■販売開始前に長蛇の列 - 木島平商工会プレミアム付き商品券
■機能強化へ一体化検討 - 飯山市振興公社・観光協会
【道しるべ】 - 夢のある物語語りたい
■木島平村人事異動
■ほんのわずかでいい - 木島平村廃棄物減量等推進審議会、数値目標示し意見書
■野沢温泉に☆☆評価 - ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン
■恩返しに車椅子を寄贈 - 飯山照丘高校がデイサービス常盤に
【ひとこと】 - 早く元気になって!姉から妹に贈るミニコンサート
■寒雨に黙々と石拾い - 雪まつりの後片付けに飯山二中野球部員が協力
■憧れの五輪選手と - 野沢温泉スキー場でオリンピアンズ・ファン・フェスタ
■ひとトキの楽しい夢を - 木島平村でトキ飛来記念写真展
■小学生ら馬曲川にサケ稚魚放流 - 新潟水辺の会
■協創・協働・協生社会を - 木島平村が協働のむらづくり支援金
■飯山市保育園・学校人事異動
■北信広域連合人事異動
■JA北信州みゆき人事異動
■交差点に「安全の灯」灯る - 飯山野沢温泉線飯山養護学校南に信号機設置
■急斜面彩る紫のカタクリ - 飯山市岡山で
◇ハートフルライフ
 ◇ここに生きる - 飯山警察署長・村上猛さん
 ◇歯なしにならない話 - お口の中のガンについてB
 ◇おいしいレシピ - じゃがいも&サバ缶のあんかけ
 ◇北信濃ふるさと本 - 信濃岩井一族岩井備中守信能
 ◇よその者の目 しろうとの目B
 ◇森の家で遊ぼう
 ◇わが家の仲間たち
◇猪突申恵(ちょっともうすかえ) - 春。自分をプロデュース♪
◇エミリーのわんっダフル犬生活
◇JA北信州みゆきだより
◇ふりむいた人
◇伝言板
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2009年03月28日号