TOP - 過去掲載記事 - 2008年12月06日号

12月6日号掲載記事
 
◆くるみで定住促進・ビジネスも - オーナー・住民ら植樹<飯山市>
 過疎と、これに伴う人口の高齢化で一人暮らし・高齢者世帯が増加、今後、限界集落化が進み、集落の維持そのものが危惧される中で、都市部からの移住を促し、コミュニティービジネスを起こすことで、元気な地域を取り戻したい―と先月30日、飯山市瑞穂北原でくるみの木植樹祭が行われた。

 北原区・北原区ふるさと暮らし支援委員会が、県のふるさと回帰支援事業を導入して進めてきたもの。健康ブームの中で脚光を浴びるくるみを栽培し、販売するコミュニティービジネスを興したい―というのが主旨だ。

 栽培に当たって、広く全国にくるみの木のオーナーを募り、地域・住民交流の中から移住・定住につなげたいこと、遊休荒廃地を活用することで蘇らせたいこと、緑の植栽で景観・環境を優れたものにしたいこと―など、夢は大きい。

 応募があったくるみの木オーナーは、文化学園、北原区といった大口から、東京・神奈川・埼玉・愛知などの同地区出身者のほか、「くるみの木千本運動」提唱者の料理研究家、辰巳芳子さん、白澤卓二順天堂大大学院教授ら15人(法人・区)で、34本の申し込みがあった。また、先月結婚したばかりの、同所佐藤英樹さん・七重さん夫妻の記念樹もあり、総数は45本となった。

 同日は冷たい雨の中、オーナーの2家族、5人が参加、区民20人ほどとともに、集落北側に雑木などを伐採して整備した「北原くるみ公園」で植樹を行った。幼木は降雪を心配した支援委員会メンバーらが前日に植えており、当日は根元に土を盛る作業が行われた。

 くるみの木は5年ほどで実が収穫できるといわれ、オーナーはその収穫権をもつが、収穫しきれない分のくるみは委員会が収穫して、高齢者などの支援に充てるという。

 同日はこの後、北原公民館を会場に、熊汁や笹寿司、野菜の天ぷらなど田舎料理で祝賀会が行われた。


(写真=シャベルで苗木の根元に土を盛る新婚さん)
 
◆雪を前に開通、住民「ホッ」 - 国道292号線富倉トンネル<飯山市>
 ことし3月、上部斜面で発生した土砂崩落により通行止めとなっていた国道292号線富倉トンネル(210b)と、スノーシェド(約30b)が先月28日、開通した。大きな雪塊や大量の土砂、立木が松田川をせき止め、川水が活性化センターの地面レベルまで溢れて、住民を不安がらせた土砂崩落。現場斜面ではその後もしばらく土砂崩落、地下水や雪解け水による小規模な土石流が止まらず、地盤の安定を待って県林務部が林地荒廃防止事業、災害関連緊急治山工事を実施、当面、国道通行の安全が保たれる状況となった―として、通行が再開された。

 それまでの集落内を通る迂回路は道幅が狭く、本格的な降雪期を前に、不安を募らせていた地元では、安堵の色を浮かべている。


(写真=雪を前に開通した富倉トンネル・シェド) 
 
◆竹矢来 - 北信濃風物詩<連載>
 これは全くの思いつきだが、以前から様々な冬囲いを見てきて、「冬囲いコンテスト」なんてどうだろう―と、思っていた。

ことし、車を走らせるままに見えるものだけでも、ビジュアル的に優れたもの、がっしり実用的なもの、アイデアを凝らしたものなど、様々な冬囲いに出会った。

金沢兼六園とはいわないまでも、見物客を集めるのではないか。
  
◆お年寄りの指導でそば打ち - 北信小、学校畑で育てたそば収穫祭<栄村>
 栄村の北信小学校(鈴木久男校長)で、毎年恒例となっているそばの収穫祭が行われた。 横倉地区老人クラブ「睦会(むつみかい)」(広瀬一治会長)の協力で、7月に学校の畑にそばの種を蒔き、10月に収穫したものを使ってそば打ちを体験しようというもの。

 2学年ごとに分かれて3回行われ、2日は1年生と6年生の児童がそば打ちにチャレンジした=写真=。同日は睦会会員9人がそば打ちの指導に学校を訪れ、「こね」や「のし」といった作業を児童と一緒に行った。出来上がったそばは、やはり自分たちで育て、収穫したサツマイモを使ったさつま汁と一緒に給食として食べた。

 鈴木久男校長は「地域の方がとても協力的で、地域で子どもを育てるという意識を強く感じる。小さい学校ではあるが、その中で人と人との結び付きを大事にして来年以降も続けていきたい」と話した。
  
■野沢農産生産組合が金賞 - 米・食味鑑定コンクール
■「おかげ」が身に沁みて - 柳澤前木島平村長・村が叙勲などを祝う会
■地元のものPR - ボイス81地域会議で村井知事来飯
■「エコパーク寒川」に - 岳北広域行政組合の新ごみ処理施設
■議長=佐藤さん、副議長=渡辺さんに - 飯山市議会
【道しるべ】 - ついでのスキー検討も
■介護者奨励金をクーポン券で - 飯山市社協
■長年の「支え」に感謝状 - 飯山警察署
■シーズンの繁栄と無事を - 冬本番へスキー場安全祈願祭
■高齢者住宅を安全点検 - 飯山市上下水道工事組合
■陶芸・書・細工・彫刻・水彩画 - 市井の芸術家が作品展
■早朝除雪もこれで - 飯山学園、共同募金配分金で除雪機
■様々な「みゆき野」 - みゆき野風景画展入賞者授賞式
■飯山市体育指導委員会が優良団体表彰
◇今週のスポーツ
◇みんなの広場
 ◇北信濃柳壇
 ◇北信濃俳壇
 ◇北信濃花壇
 ◇つぶやき
◇らくがき

TOP - 過去掲載記事 - 2008年12月06日号