TOP - 過去掲載記事 - 2006年4月29日号

4月29日号掲載記事
 
◆地元学・黒岩山ギフ蝶の里ウォーキング - 5月21日に黒岩山保全協議会<飯山市>
 飯山市外様の「天然記念物『黒岩山』保全協議会」(宮沢邦彦会長)は5月21日、ギフチョウ属の混棲地として天然記念物指定されている黒岩山に地元住民の認識を深め、協議会の活動を広く紹介することを目的に、初めての「地元学・黒岩山ギフチョウの里ウォーキング」を開催する。外様区長会・外様公民館が共催し、本社などが後援する。

 住民が現実の郷里を再認識する過程で、コミュニケーションを豊かにし、地域の将来を考え、子孫に引き継がなければならない「コト」や「モノ」を見つけていく実践的学問が「地元学」。初めての今回は「見つけたよ! こんな宝物」をタイトルに、植生や動物などを例として、観察するテーマを決め、グループ単位で黒岩山を観察、散策する。

 ウォーキングコースは桂池〜熊の巣池〜稜線〜旧道〜アンテナ一帯で、昼食の後、活性化センターでテーマごとに発見したものの地図を作成、発表を行う。黒岩山一帯にはギフチョウ・ヒメギフチョウのほかモリアオガエル、クロサンショウウオなど小動物、ミズバショウやタムシバ、ユキツバキ、ウスバサイシンなど、希少な植物が生育している。

 ウォーキングはそうした自然の姿や、近年の自然環境の変化などを知り、地元自ら一帯の保護・保全と取り組むきっかけとしたい―という期待がある。

 参加料は無料。小学校高学年(低学年は保護者同伴)以上を対象に定員50人で締め切る。問い合わせ・事前申し込み(5月19日午後3時締め切り)は黒岩山保全協議会事務局(信濃平観光協会内・рU2・2225)、外様公民館(рU2・1029)まで。

(写真=地元の誇りともされる「天然記念物」黒岩山)
 
市長選は9月3日告示 - 「将来考える」動きも<飯山市>
 飯山市選挙管理委員会(塩崎孝夫委員長)は24日開き、ことし予定される市長選・市議選の日程を決めた。

 市長選は9月3日告示、同10日投票。市議選は11月12日告示、同19日投票となる。ことしは知事選の年で、前回市長選は知事と同日選挙だったが、知事選は先に7月20日告示、8月6日投票の日程が決まっており、分離執行することとなった。また、市議会の一部では市長選と市議選の同日選で、経費の削減を―という声もあったが、2カ月近い任期差があることから同日の決定となったと見られる。

 同市長選について、木内市長は3月の記者会見で、4月中にも態度表明することを明言したが、「いいやまづくり座談会など公務で後援会との協議が遅れており、5月の連休中にも役員会を開いて態度表明に漕ぎ着けたい」(同市長談)とし、24日、本紙記者に対して、5月10日に記者会見を招集し、態度を明らかにする―と語った。

 同市長の話では、これまでに政党・政派、各種団体などからの公式な出馬要請、推薦などはなく、独自に幹部会などを開いて協議を重ねているという。24日時点では明確な意思表示はなかった。

 同市長選に関しては、先に一部市議が経済界、議員OBらと接触、現市政の評価も含めて、改めて市の将来について考える、広範な市民組織づくりを進めることで合意、5月中にも取り組みを本格化させるべく、準備を進める動きがある。

 また、飯山堆肥センター・新クリーンセンター問題などで現市政に批判的な住民組織や、共産党など議会野党の存在からも、市長選は選挙となることは必至の情勢となっている。
 
異常残雪で田茂木まで - なべくら新緑&残雪体験号<飯山市>
 飯山市の鍋倉山残雪体験実行委員会が主催するゴールデンウイーク特別企画「なべくら新緑&残雪体験号で行こう」のルート事前視察が21日行われた。

 春先除雪にあたる飯山建設事務所や飯山市、戸狩観光協会関係者ら約20人が参加、道路状況を視察したが、同日現在、主要地方道上越飯山線には、温井集落から2`ほど上の田茂木池付近で2b近い残雪があり、建設事務所職員の話では、ロータリー車の進入が困難な状況という。

 鍋倉山一帯は今冬から今にかけて、スキーやスノーシューによるトレッキング客が多く訪れ、例年以上ににぎわっているという。森の家関係者の話では、同線頂上部分の関田峠付近にはなお4bを超す積雪があり、地元住民の話と総合して、雪解けは例年と比べて3週間近く遅れているといわれる。

 このため、同日の事前視察では、例年、鍋倉山中腹「巨木の谷」入り口まで運行しているシャトルバスはことし、田茂木池までの約2`とすることが検討された。

(写真=田茂木付近では2bを越す残雪が)
 
◆亡き師の教えしのんで - 木島平村やまなみ短歌会最後の年間歌集刊行<木島平村>
 昨年6月に亡くなった歌人の古田十一郎さんの作歌指導を受けた「木島平村やまなみ短歌会」(丸山みずほ代表)の最後の年間歌集「やまなみ」第12集がこのほど刊行された。

 同会は古田さんを講師に、公民館読書会から始まり、平成5年に発足。以来12年半にわたり、古田さんの指導の元、作歌活動と取り組んできた。

 が、昨年6月、古田さんが急逝。11人の仲間たちは師の教えを胸に作歌活動を続けたが、昨年12月、話し合いの末、ついに散会することを決めた。

 最後の歌集は「北鴨の坂みちにして暮れ残る妙高山を見しは忘れず」という古田さんの歌を掲げ「故古田十一郎先生の御魂に謹んで『やまなみ』12集を捧げます」と記した。

 掲載歌にも「迷い子が十一人いてこれからの短歌の道の吾には見えずに」「作歌する者は常に謙虚にてと文賜りしを胸に刻みぬ」など、古田さんを偲ぶものが多い。
◆凍み渡り - 北信濃風物詩<連載>
 「寄り道してるって、怒られるかな」と、心配しながら、子どもたちに声をかけてカメラを向けた。

凍み渡りといっても、里のほとんどは雪消えが進み、珍しい光景となっている。

町ばの学校なので、通学の途次、凍み渡りはしなかったが、遊びとして楽しんだものだ。

「靴濡らしてけえったら、怒られっぞ」

「あぶねえから、気をつけろ」。

大人はそういうだろう。
  
本社杯・家庭婦人バレーボール大会 - ほほえましさと熱戦と<飯山市>
 飯山市家庭婦人バレーボール連盟、本社・北信濃新聞社主催による、ことしで26回めの「北信濃新聞社杯家庭婦人バレーボール大会」は23日、飯山市民体育館で開催され、飯山市・栄村・中野市豊田の8チームが熱戦と交流を交わした。農業や観光など地域産業の欠かせない担い手として、また、地域活性化活動の核として重要な役割を果たす女性たちの健康づくり、交流の場を―として回を重ねる同大会。

 冬のホワイトシーズンから、グリーンシーズンに切り替わる、最初のスポーツイベントとして定着するが、ここ数年、世代交代が進まず、競技人口の減少などから参加チームが減少。昨年大会から隣接村チームの参加を呼びかけ、今大会には旧豊田村・栄村から2チームが参加した。メンバーが出産ブームで、選手集めに四苦八苦した―というチームもあった。

 試合では古豪いいやまが練習不足を感じさせない連係プレーで勝ち進み、連勝記録をのばした。会場ではママさんバレーの大会らしく、子どもが走り回り、お父さんが子守する姿や、持ち寄った手作り料理で昼食を囲む、和やかな光景が見られ、微笑みを誘った。

優勝:いいやま 準優勝:とよた

(写真=お母さんのハッスルプレーに声援を送る子どもたち)
  
■「均衡ある発展」課題に - 新中野市議決まる・旧豊田村から2議員
■連休明けにも扱い業者募集 - 飯山市の子育ておうえん券
■前年比94.7% - 3月末までの7スキー場集客率
■永年勤続・優績者表彰 - 「郵政記念日」で飯山郵便局
■福寿草・桜・カタクリ 各地から花便り
■村長ら120人 春を探して - 野沢温泉村で健康ウォーキング
■スポーツ・竹とんぼで3世代交流も - 太田で恒例のさくらまつり
■伝統儀式で安全祈願 - 正受庵改修工事上棟式
■未成年飲酒防止PR - 中野小売酒販組合
■北信濃路覆う黄砂
◆ハートフルライフ◆

TOP - 過去掲載記事 - 2006年4月29日号